パン職人として開業を目指す!そのための手助けをします

21013429_S

パン職人として開業したいのなら

パン職人として開業、自分のお店を持ちたいのなら必要なことは沢山あります。

まず技術、パンを実際に自分で作って販売出来るだけの技術が必要です。

そしてそのパンを販売するお店も必要になってきますね。

そしてパンの製造ラインをどうするのか、販売する商品の開発力、オリジナリティさ店の経営ノウハウや資金など考えていけばきりがありません。

独立開業を目指すのなら、個人でやることには限界があります。

もし貴方がパン職人として独立開業を目指しているのならそのためのサポートとフォローを十分に受けられる場所を見つけられるかどうかで今後、夢が叶うまでの時間が変わってくるでしょう。

開業へのサポート

リライブでは実際にプロとして働いている講師により1からパン作りの技術を学ぶことができます。

そしてコースの一つである「オーナー総合コース」ではこのパン作りと一緒に店舗の運営、開業のノウハウや実際に開業プランを立てるプランニングを学習することができます。

この開業プランは講師による指導、サポートはありますがあくまで自分で作るオリジナルプランです。

自分で開業プランを立てていくことで、開業するだけの知識とノウハウを学んでいく仕組みとなっています。

そして現場研修はりライブの直営店で実際に製造だけでなく、経営も体験していきます。

サービスの方法、オペレーションシステムからレジの使い方、販売計画までのリアルな経験をすることで自分が実際に開業した後のシミュレーションを行うことが可能となった「対お客様」を意識した現場経験を積むことが可能となっているのです。

独立「後」のフォロー

こうして経験を積みつつ卒業後、独立を果たした後もリライブではサポート、フォローを行っています。

独立開業を行った後は、実際に自分自身での店舗の運営が始まります。

もちろんそこには色々な問題が発生する場合がありますが、リライブでは開業後もリライブの『協力店舗』としてサポートを受け続けることが出来ますのでご安心を。

しかしリライブでの卒業生の多くは実践に基づいた技術を十分に学んでしっかりとした知識を持ってから卒業していますので「フォローも受けられる」と認識して下さって結構です。

あくまで貴方自身に在学中、受講中の間に独立開業するだけの力が身に付きます。

「親身という言葉を超えた指導を受けた」と卒業生から言葉を貰いましたがリライブフードアカデミーでは受講生一人一人の夢や目標を実現出来るように精一杯のサポート&フォローをこれからもし続けていきます。

ページトップ