パン職人の仕事ってどんなもの?パン作りの仕事の一部を知る

パンのプロのお仕事

パン職人、そう呼ぶと専門職的なかっこいい響きを感じますが、その実際の仕事はどんなものでしょうか?

またどんな場所で働いているのでしょうか?

パン職人なんだからパン屋で働いている…というだけでもないんですよ。

パン屋さん、パン職人といってもその仕事はただパンを焼くだけではありません。

パン職人の仕事を知りながら、その奥深かさに触れていきましょう。

パン職人の仕事の一例として

① どんな仕事?

パン職人はその名の通りパンを作る職人ですが、言葉ほど簡単ではありません。

パンの仕込みは日によって分量が変わるとも言われており、かなり体を使う体力仕事なところもあります。

数多くの種類のパンを仕込むとなればかなりの仕事量になってきますし、お客さんへの提供を考えると時間的なスケジュールを意識して働くことも求められます。

そして実際に生地から作る職場もあれば、生地を仕入れて焼き上げるパン屋もあり、職場によって勤務形態も大きく変わってくるという特徴もあります。

② パン職人の働く場所

パン職人の働き場所は何も街のパン屋さんだけではありません。

日本ではコンビニやスーパーなどでも大手メーカーでパンが売られていますね。

あのような大量生産式のパンを工場で作成しているのも、立派なパン職人です。

またホテルや、カフェでも腕の良いパン職人が必要とされています。

日本人のパン食は年々増えており、パン職人という人材は色々な場所で求められて、活躍しているのです。

③ 販売するだけじゃない?

これは変則的になりますが、パン職人がパン教室を開くというケースも存在します。

これもまた、仕事の形態の一つに入るでしょうか。

多くは専門学校で知識や技術を身に付けた人が、自宅などを利用してスクールを開いている場合が多いです。

これもまた自分のスキルを活かした仕事ですね。

スクールの規模を考えさえすれば、個人でも教室を十分に経営出来るでしょう。

パン食、必要とされる職人

簡単に言いましたが、パン職人は見た目に分かりやすいパン屋でだけで働いているというわけではありません。

日常の至るところでパン職人は必要とされ、仕事をしています。

先にも言った通り、食の形態の変わってきた日本ではパン職人という職人の働く先は多岐に渡ります。

技術職であり厳しい仕事でもありますが、やりがいと未来に満ちた仕事でもあるパン職人。

もし貴方がパン職人になりたいと思うなら、まずはその世界を知るところから始めてみませんか?

ページトップ