パン職人の技術を学ぶ方法。一歩を踏み出すための体験入学

第二の人生、パン職人として

「小さい頃からパン屋さん、パン職人に憧れて専門学校へ行き、勉強してパン職人になった。」

そんな人以外にも、いわゆる「脱サラ」してパン職人を目指した、パン職人にそんな人が多いのは気のせいでしょうか?

もしかしたら社会に出て、再び夢を追いかけたくなったのか。

それとも社会に出てその辛さを知ったからこそ、何かを創り出せるクリエイティブな仕事に憧れを持つ人が多くなるのかもしれませんね。

そんな学生を経てパン職人に憧れる人のために、今では休日に集中して授業を受けたり、夜間授業があったりする社会人向けの専門学校が増えています。

きっかけを「創る」

パン職人を目指して専門学校へ行く、そんな風に書いていますが、実際に専門学校に通うのに理由はもっと些細なもので良いと思います。

自分でパンを作って、家族に食べさせたい。

こんな世の中だからこそ、材料が確認出来る食べ物を作るスキルを見に付けたい。

そんな理由でパン作りを始めるのも、立派な理由です。

もしくは「自分で本を見ながらやっても材料を集めるのも道具を揃えるのも大変だなぁ…」

そんな人にこそ、体験入学をしてみることをオススメします。

いくつかの専門学校では体験入学を行っており、実際の授業を体験することが出来ます。

プロのスキルを全て身に付けることは出来ませんが、その学校がどんなものか、どんな勉強をしているのか。

そんなことを知りたいと思って体験入学から始めるのも立派な理由の一つであり、きっかけです。

せっかく興味のあることを見つけたのですから、その芽を摘むようなことはせず、伸ばしてみてはどうでしょうか。

体験は「きっかけ」につながる

体験入学、体験授業は何かを学びたい人、興味のある人にこそ勇気を出して参加して貰いたい、学校の下調べや見学よりもう一歩踏み込んだ制度です。

特に社会人の人がもう一度学校に通うには少し抵抗が有る、迷いがある場合も有る、そんな人は体験入学で実際に授業を体験し、その学校が自分に合っているかどうか確かめるのに最適です。

気後れせず、興味のあることへのチャレンジの第一歩として、体験入学のある学校は体験入学から始めてみましょう。

スキルを身に付けたい人、興味がある人、新しい一歩を踏み出したいと考えている人。

そんな人達はぜひ、体験入学をきっかけ・足がかりとしてみて下さい。

もしかしたらその体験が、貴方の未来を大きく変えるかもしれません。

ページトップ