コーヒーのプロ、バリスタ師。その資格の色々な取り方

『プロ』を目指す

バリスタの資格、ライセンスを取得するということは、美味しいコーヒーを入れられる人物という明確な認定となります。

将来カフェや喫茶店を開くなら、またそんな仕事に就きたいなら取得しておいて損のない資格でしょう。

そのバリスタライセンスの取得方法を説明するとともに、バリスタという仕事についても少しお話をしたいと思います。

大きく分けて3つの方法がある

バリスタライセンスを取得するには、バリスタとしての知識と技術を得た上で試験に合格をしなければいけません。

そのための知識と技術を付ける方法をご紹介します。

① 対応した専門学校へ

日本バリスタ協会に認定されている専門学校で技術と知識を学びながら、資格も取得出来る方法です。

受講料が必要ではありますが、それ以上に豊富な技術と知識を身に付けることも可能なメリットの大きい方法と言えるでしょう。

社会人などで仕事が忙しい方でも夜間のスクールなど、対応した学校はいくつもありますので探してみて下さい。

② 通信講座による勉強法

「通信講座で技術が身につくのか…?」と不安もあるかもしれませんが、家で気軽に始められるというメリットもあります。

しかも写真入りのテキスト、器材や道具なども最初から揃っているので時間がない人、学校に通うのは…という人にはぴったりの勉強方法です。

ただ失敗した時に一人だと分かりにくいという欠点もあり、指導を直接受けられない、というデメリットがあるということも念頭に置いておきましょう。

③ 独学

一般の普及している書籍や、自分で市販教材を購入して独学で学ぶ方法もあります。

この方法だと上記二つに比べて費用が安く済むというのが最大のメリットです。

しかし器材の選び方を間違ったり、本では理解しづらい部分が出てきた時などは対処が難しく、あくまで素人の知識と技術の域を出ることは難しいでしょう。

資金面のメリットの代わりに、技術面や知識面でデメリットが大きいのが独学の特徴と言えるでしょう。

「プロ」の世界

バリスタは“ただコーヒーを淹れる人”ではなく、専門的な職業です。

対応したスキルが必要とされ、専門のマシンを扱うなど高い技術が必要とされます。

それと同時にコーヒーに対する深い知識もなければ、本当にコーヒーを美味しく淹れることは不可能です。

ぜひバリスタ師を目指してその資格を取りたいと思っているのなら、プロに知識を教わり、必要な技術を確実に身に付けることをおすすめします。

確実に知識と技術を身につけること、それがカフェで働くバリスタになるための、最短距離なのです。

ページトップ