喫茶店の開業まで。その後を見すえた経営ノウハウ

開業までに出来ることを考える

喫茶店の開業が決まった、後は店を開いて経営するだけ、長年の夢が叶った――…。

苦労して夢が実現される瞬間に、そう思ってはいませんか?

しかし、貴方のお店を開く前にまだ出来ることはありませんか?

開業はこの瞬間ですが、喫茶店の経営はこれからも続いていきます。

その経営を少しでも楽にするためにも、開業までに出来ることをしていくことが経営のノウハウとして大切なことの一つなのです。

喫茶店の開業までが勝負

カフェの経営のノウハウで一番大切なことは、資金に余裕を持たせておくことだと言っても過言ではありません。

毎月の経営がギリギリでは何かの出費で経営が立ち行かなくなることは十分に考えられますし、あってはならないことですが開業した段階で資金が尽きていては経営することすら出来ません。

開業までに出来ることとして立地、内装、メニュー開発など様々なところに目が行きがちですが、出来る限り資金を残しておくことも重要なポイントとなります。

そして開業後の収入と主出の予想比較をして、少なくとも半年間の赤字には耐えられるよう見込んでおくことが必要です。

ここでの出費とはお店の維持費、人件費、材料や消耗品の仕入れ費用、設備の維持費や宣伝費用なども計上しておきましょう。

仕入れや補充の費用は開店直後にはまだ予想が難しく、どうしても削減が難しい経費ですので多くかかってしまいますが、必要な経費だと割り切って考えます。

また開業したばかりのお店をお客さんに知ってもらうためにも、宣伝費はかなり必要となります。

これらの項目を出来るだけ綿密に、細かく予測して考えておくことが開業して失敗しないためのノウハウであると言えるでしょう。

カフェ経営というものは一見華やかですが、その実競争社会であり、他店との差別化や細やかな計画と実行がモノを言う大変な世界でもあります。

一旦お店を開業した後はこれ以上に毎日やらなければならないことが増えてしまいますので、開業前に打てる手段をすべて打っておくのは、決して無駄なことにはならないのです。

開業後を左右する開業「前」

喫茶店を開業、経営するということの大変さがお分かり頂けましたでしょうか?

憧れ、夢というものは現実にするには大変な苦労がつきものなのです。

しかし、苦労に見合っただけの喜びが、夢が実現した時には待っています。

これらのことを踏まえ、その実現した夢――喫茶店の経営がより良く、より長く続かせていくためにも開業までに出来ることは全てやり遂げておくこと。

それが開業後の、実際の経営の大変さを少しでも和らげるために大切なノウハウの一つである、と言えるでしょう。

ページトップ