バリスタとして働くなら、カフェを経営するなら。他店に差をつけるメニューを

カフェの経営、カフェで働く

もし実際に貴方がカフェを開業、経営することを考えるなら。

バリスタとして美味しいコーヒーを提供するだけでなく、魅力ある店づくりをしなければなりません。

また経営陣ではなくバリスタとして働くだけだ、なんて言わずに、更なる貴方自身のスキルアップのためにも、貴方の働くお店のためにも。

人気のある「メニュー」の開発を考えましょう。

新しく飲食業界に参入するなら

飲食業界は未来性のある業界ですが、多くの店たちが日々争い合っている、ライバルの多い業界であるとも言えます。

その中で生き残り、人気あるお店を経営するには「魅力」のあるお店を作らなければなりません。

その魅力あるお店づくりの方法は色々ありますが、他店にない魅力、差を付けるポイントとして「メニュー」の存在は必要不可欠です。

美味しいだけでなく人をひきつける魅力あるメニュー作り。

それは難しくもありますが、カフェを経営していく上ではやり続けなければならないことでもあります。

オリジナルなコンセプト

メニュー作りとは言っても、新しいレシピを開発し続けるというものではありません。

何か一つコンセプトを持ってメニュー作りをしていくことで、お店自身のコンセプトにもつながっていきますし、その店独自の「売り」にもなっていきます。

材料にこだわる、何か一つの食材にこだわってみる、調理法、提供の仕方…様々な店舗が独自の色を出そうとしている飲食業界でもメニュー作りにはまだまだ限界はありません。

貴方がカフェを経営、開業することを考えているならまずはそこから、自分の店舗のコンセプトを決めるところから始めてみてはどうでしょうか。

貴方の知識と技術を活かす

オリジナルなコンセプトのあるメニューは、何もフードやデザートだけではありません。

ドリンク、コーヒーにもそのオリジナリティが求められます。

つまりコーヒーのプロである、バリスタ師にも独自のセンスによる新しいメニュー開発能力が求められるのです。

オリジナリティ溢れるメニューを開発するには、まず基本となる技術、知識を学んでいることが重要です。

何事も応用を行うには、それに見合った基礎が必要になってくるのです。

そのためバリスタを目指すならしっかりとした知識と技術を学べる場所で勉強することが大切なことを、忘れないで下さい。

飲食業界は競合の激しい大変な業界ですが、同じくらいやりがいのある、楽しい世界でもあります。

新しく参入する世界で貴方のオリジナリティ溢れるメニューを武器に、頑張って下さい。

ページトップ