カフェ開業のポイント。学校で学ぶことは必要なこと?

学校に通わなくてもカフェは開ける?

今、カフェを開業したい人のために、そのための勉強が出来る学校が沢山開校されています。

「カフェを開く」こと“だけ”に関して言うなら、学校に行かなくてもカフェを開業することは可能です。

開業する場所、店舗や土地を用意して、カフェを経営するための資格を取って申請をし、必要なら人材を雇えばいいのです。

でも、これは言葉にするより遥かに難しいことだということは、分かりますよね?

何よりカフェを開業することと、そのカフェを実際に問題なく経営していけるかどうかということはまた別の話になってくるのです。

開業と経営は別もの

カフェを開業するだけなら、大雑把に言えば資金さえあれば誰にでも出来ることです。

でもそのカフェを経営していくということは利益を出して、お店を運営していくということ。

これにはコーヒーの知識やフードメニューを作る技術ではなく、経営するための知識やスキル、ノウハウを習得しておく必要があります。

この勉強に関しては独学では非常に難しいので、カフェ経営を学べる専門学校でしっかりと勉強しましょう。

ですが一口にカフェの専門学校といってもピンからキリまであります。

経営ノウハウを学びながらバリスタとしてのスキルを身につけられる学校や、フードメニューやドリンクメニューの作成法、新メニューの開発なども勉強する学校、そして経営者としてのカフェ経営に特化した勉強をする学校…。

沢山の学校の中から貴方の開業したいカフェ、経営したいカフェに合わせて必要なスキルを身に付けられる学校を選んで、通うことが大切です。

自分に必要なスキルを吟味した上で、専門学校を選択しましょう。

落ち着いた経営から、繁盛店を目指すには

では、開業するだけから一歩進み、経営スキルを身に付けてカフェを運営出来るスキルを身に着けたら。

人によっては無理のない経営をやっていければ満足、という人もいるでしょう。

しかし出来ればより高い目標を持って、人気のあるカフェを経営して欲しいと思います。

そのためには販売促進方法を考えたり、出費の無駄を見直したり、売れる商品の開発をするなどやるべきことは色々あります。

これらの方法も学校によっては経営ノウハウの一環として勉強することも可能ですので、「経営する」ことの更に上を目指せるような学校を選択してスキルを磨きましょう。

また開業後の経営サポートを受けられる専門学校を選択することも立派な経営手段です。

これらのポイントを踏まえて、やはりカフェの開業を目指すとなるとしっかりとした場所で相応の教育と指導を受けることが重要であると言えるでしょう。

ページトップ