バリスタになりたい人、興味のある人。まずは体験から始めませんか?

憧れのバリスタ、コーヒーのプロ

バリスタ、コーヒーのプロ。

自分の理想としたカフェを経営し、そこで自分で淹れたコーヒーを提供する…。

誰もが一度はその響きに憧れたことがあるのではないでしょうか。

ですが「バリスタに興味あるけど、何をしたらいいの?」

「どうしたらバリスタになれるのか?学校に通えばいいのか?それともカフェで働く?」

そんな疑問や悩みを持っている人から純粋にただ「美味しいコーヒーを自分で淹れたい!ラテアートをしてみたい!」そんな人まで。

幅広く対応することが出来るのが専門学校での「体験入学・体験授業」です。

今はバリスタとして勉強出来るだけでなく同時に資格が取れる学校や、カフェの経営方法まで広くサポートしてくれる学校も増えていますが、実際に学校に通う前にまず「体験」を試してみてはどうでしょうか。

バリスタの気分が味わえる

現代、多くの専門学校では体験入学、体験授業を受けられる制度が整ってきています。

実際にプロのバリスタに講義を受けられるだけでなく、その技術を間近で見ることが出来るのも体験授業ならではのもの。

本でやり方を学んだだけじゃ分からない、目の前で行われていて、講師に直接指導を受けられます。

実際にやって上手くいかなくても「なぜ上手くいかないのか」を学べるのは、学校で指導する人が側にいてこその体験です。

何より、一日の体験でもバリスタの気分が味わえるのはとても楽しいものです。

バリスタの気分を味わいながら、コーヒーの知識や技術を学ぶことの出来る体験授業や体験入学を経て、これからの自分の人生にどう活かしていくのか、考えてみて下さい。

夢の色々なサポートの仕方

今や専門学校は、ただ技術や知識を学ぶだけの場所ではありません。

自分のしたいこと、学びたいことを選んで、自分の人生にどう活かしていくかを考えるための場所でもあります。

そしてその「目標」までのサポートをするのもまた、専門学校という場所なのです。

カフェに、コーヒーに、バリスタに小さな憧れ、大きな夢を持つ人。

家でラテアートを楽しみたい人から、自分でカフェを経営したい人まで。

専門学校での体験授業を通して自分を見つめ直すことで、新しい自分、人生を発見してみて下さい。

そして何か新しい目標を見つけたら、それをサポートしてくれる場所、専門学校の門を叩いてみて下さいね。

夢の叶え方も見つけ方も、そのサポート方法も一つではありません。

ページトップ