カフェ経営のためのステップと、取得するべき資格

24081251_S

先を見越して取得したい資格

カフェの経営を行うにはそれだけのスキルや資金も必要ですが、開業するため、経営するためには取得しておく資格があります。

それは、食品衛生責任者防火管理者(建物による)の資格です。

調理師免許の資格もカフェなどの飲食店経営時に上げられる資格ですが、この資格は食品衛生責任者の資格があれば取得していなくても大丈夫です。

もし経営などの勉強で調理師免許まで取得できなくても、こちらを取得しておけば大丈夫なので安心して下さい。

また厳密にはこれらの資格を持っている人を一人雇用しておけば大丈夫ですが、「資格のある人を雇えなくて開業できない…」なんてことにならないためにも、先を見越して自分で取得して置く方が良いでしょう。

カフェ経営のための資格と習得方法

この食品衛生責任者と、防火管理の資格の取り方と注意点を簡単に説明します。

【食品衛生責任者資格の取得方法】

食中毒などを防ぐため、お店の衛生状態を管理しているという証明書のようなものです。

この資格は社団法人の食品衛生協会で講習を受けることにより取得することが出来ます。

食品衛生協会は支部が全国にあるので、近くの協会で講習を受けて構いません。

ここで少し勘違いをしやすいのですが「お店を開く都道府県下で講習を受けなければならない」ということは一切ありません。

あくまで自分が通いやすい場所、最寄りの協会で講習を受けて下さい。

この資格は取得してお店を開いた後、お店を開業した自治体によって再び講習を受けるよう義務付けられている場合があります。

その場合は開業した場所の自治体のルールに従って講習を受けて下さい。

【防火管理者資格の取得方法】

防火管理者資格の取得方法ですが、食品衛生管理者の資格と同じく講習を受けることによって資格が交付されます。

こちらの講習は消防署で申請、講習の予約を行うことが出来ます。

注意したいのは甲、乙の二種類があること。

この資格は建物の面積や、人数によってどちらが必要になるか変わってきます。

お店の状態を確かめどちらが必要化判断し、また消防署に尋ねるなどすればどちらの資格が必要か教えてくれます。

また甲資格を取得している人は乙資格も取得していることに含まれるので、お店を大きくすることを考えている場合は、甲資格を取得して置く方が後の手間を省くことが出来ます。

カフェ経営をスムーズに始めるために

以上二つが、カフェ経営を始める前に必要な資格です。

カフェを開業して経営をするために必要な資格のことについて、少しでも理解して頂けましたか?

スキルや知識を学ぶことも大切ですが、実際に開業して経営をしていくにはこういった資格も必要になります。

自分のお店を開くにあたって、これらの資格も必ず取得しておきましょう。

いざ開業!となった時にスムーズにお店を始められるように、頑張っていきましょうね。

ページトップ