喫茶店を開業する前に。開業後にメリットのある資格の習得

夢の喫茶店の開業

知識を身に付け、技術を習得して、そして資金を貯めていよいよ開業に踏み切る喫茶店。

貴方の夢が詰まったお店がついにオープンする…まさに、夢が現実になった瞬間と言えます。

しかし知識や技術は習得していても、それだけで喫茶店の経営が上手くいくことは難しいのです。

開業するまでは開業することが目標ですが、その後の経営も見越して動くことが重要になってきます。

今、飲食業界は他店との違いを持たせ、オリジナル性を持つことが大事なのです。

ではそのオリジナリティを持たせるには?

そこで重要になってくる様々な「資格」について、少し説明していきたいと思います。

取得することで経営が便利になる資格

・バリスタライセンス

喫茶店ならコーヒーの淹れ方にも気を使いたいところ。

そのためにはやはりバリスタライセンスを習得しておいて損は無いでしょう。

貴方の喫茶店に箔を付けるためにも、習得しておきたい資格の一つです。

今では専門学校でも修得出来るので、この資格が取れる専門学校に通うのも取得方法の一つです。

・菓子製造技能士・パン製造技能士

こちらの資格は技術を身につけた上で、国家資格を習得する必要のある技術です。

喫茶店の経営方法を学びながら取得するには少し難しいかもしれませんが、美味しいフードメニューやデザートがある喫茶メニューはお店のコンセプトの一つにもなるでしょう。

他店との差を付けるには打って付けな資格でもあります。

自分での取得が難しい時は、これらの資格を持っている人材を探してみるのもオーナーとしての腕の見せどころでもありますね。

・プランニング・マネージメントスキル

資格ではありませんが、開業だけでなく経営を考えるとかなり重要になってくる能力です。

喫茶店を開業するにあたって、出来るだけ専門学校などでしっかりとした経営能力を身に付けておきましょう。

学校を選ぶ際には良く吟味し、多少授業料が高くてもより高い教育の受けられる施設を選ぶことが大事です。

先を見越して、より高いレベルのスキルを身につけておくことで、将来確実に貴方の役に立ちます。

開業に欠かせない資格も忘れずに

いくつかの資格を紹介しましたが、これ以外にも様々な資格やスキルを身に付けておくことが喫茶店の開業、経営をする上で強みとなります。

新しく飲食業界に進出し、成功するには他店との差別化を図ることが重要です。

これ以外にも様々な資格を得て、貴方のお店をグレードアップしていって下さい。

因みに開業には「食品衛生責任者資格」と「防火管理者資格」の資格が必ず必要になります。

これらの資格は対応した施設で講義を受けることで取得が出来るので、こちらも忘れずに習得しておきましょう。

ページトップ