喫茶店経営で必要な資格と、役立つ資格紹介

喫茶店経営に必要な資格

喫茶店の経営には

食品衛生責任者資格

防火管理者資格

この二つの資格が必要となってきます。

両方とも取得は簡単で、食品衛生協会、消防署で講習を受けることで取得が可能です。

喫茶店の開業には欠かせない資格ですので、忘れずに、お店のオープンに合わせて先行取得して置くべき資格ですね。

取っておくとお役立ちな資格

さて上記二つの資格を取得しておけばお店は開けますが、喫茶店の経営に役立つ資格はまだ色々とあります。

その一部を簡単に紹介していきましょう。

① 【コーヒーコーディネーター資格】

コーヒーコーディネーターはコーヒー豆の種類などのコーヒーの知識とコーヒーの淹れ方、オリジナルブレンドの作り方などなど、コーヒーに関する総合的な知識を学ぶことで得られる資格です。

バリスタライセンスにも似ており、ラテアートなどの技術も勉強することが出来ます。

コーヒーコーディネーターの資格は「日本創芸学院」の行なっているコーヒーコーディネーター検定講座を受講した上で、課題に合格することで資格を取得できます。

また紅茶コーディネーターという、こちらは紅茶の専門的な知識を得られる資格もあるので、経営する喫茶店のイメージで取得してはどうでしょうか。

② 【野菜コーディネーター資格】

がくぶん総合教育センターが実施する野菜コーディネーター要請講座を修了することで取得可能です。

この資格は野菜ソムリエとは違い、資格に等級がないので習得が簡単というメリットもあります。

野菜、果物の栄養的知識を手に入れることで、喫茶店でフードメニューや軽食を出す上で体に良いものを使用したり、栄養面を考えたメニューの開発に貢献してくれるという特徴があります。

③ マクロビオティック資格

マクロビオティックはハリウッドの女優たちにも好まれた、近年注目を浴びている健康食生活です。

特に美容や安全、健康的な食生活を望む人たちにかなりの人気があり、レストランなどの飲食店でも「売り」の一つとされている場所も多くあります。

資格の取得が難しく、検定試験を受けなければいけないという難関の職種ですが、取得することでお店のコンセプトの一つとして取り入れることが出来るでしょう。

ひとつ抜きん出た喫茶店経営を目指して

いくつかの資格を紹介しましたが、これらは習得してなくても喫茶店の開業には問題ありません。

しかし、喫茶店を経営していくことを考えるとこれらの資格はお店の売りになり、競合店に差をつける切り札となる資格と言えます。

長く、人気のある喫茶店を目指すのなら色々な資格を習得して、お店の個性を出していくことはとても重要なことです。

貴方の経営する喫茶店のコンセプトに合わせて、沢山の資格の中から必要な資格を選んで、自分の力としていって下さい。

ページトップ