まずは資料請求!

リライブイベントスケジュール確認

今月の体験授業ベーカリーパティスリーカフェ

動画でリライブをご紹介

> リライブは専門スクール

MOVIE

そこには、夢を現実にするフィールドがある。活気のあるリライブを見てみよう!

リライブだからできること

SARVICE

就職フォローシステム

就職や転職を希望する方への独自の就職カウンセリングや現場研修などの様々なフォローをするシステムです。

独立サポートシステム

はじめての方でも、経験者の方でも、卒業と同時に開業ができ、開業後も継続的なサポートするシステムです。

スキルアップサポート

将来の方向性を明確にしたい方や教室を開きたい方などそれぞれの目的に合わせて技術や知識をサポートするシステムです。

リライブ直営店【食人】
食人

3つの直営店

現場研修先でもある直営店は、受講生の製作したアイテムなどを販売し、製造接客の経験を積む場です。

 

卒業生のお店紹介開業した卒業生就職した卒業生スキルアップした卒業生

みなさんこんにちは。リライブ代表の小川です。

季節は6月を迎え、衣替えの季節となりました。
『クールビス』という言葉が当たり前になった今日、
街角には軽装のビジネスマンが溢れています。

暦は初夏。
梅雨を超えれば、本格的な夏も間近です。

さて、リライブのこの春を振り返りますと、
4月下旬、2013年4月生が開講いたしました。

今期は昨年に10周年を迎え、
校舎の増築、新しい授業(バリスタクラス)を取り入れ、
リライブとしても新しいスタートをきることが出来ました。

今回、新設のバリスタクラスを設定したこと等から、
満席クラスがいくつも出来るほど、例年にも増して
多くの新規の受講者の方に入学していただき、
同時に沢山の受講生の夢・目標をお預かりすることになりました。
気を引き締めて、授業に取り組んでいきます。

プランニング授業風景

特に、私が講師を務めるプランニング(経営)のクラスは、
定員いっぱいの12名のクラスが何クラスも発生し、
追加のクラスも出来たことで、
多くの受講生の夢や目標のサポートすることが出来るのが、
とても楽しみで、そしてやりがいを感じます。

スタッフ一同、責任をもって取り組んでいきますので、
これからも宜しくお願い致します。

そして5月、現場研修がスタートいたしました。
沢山の受講生が研修生となり、リライブの直営店デビュー!
どんどん店舗に新しい研修生が入ってきました。

これまで直営店にいた研修生は先輩となり、
いよいよ開業や就職活動が活発になってくる時期です。
私も、ほとんど毎日、店舗の朝礼に出席していますが、
夢を持つまっすぐな研修生のまなざしを見るたびに、
店舗は生き物だということを実感します。

現場研修風景

そして、ちょっと前まで新人だった研修生が、
後輩の研修生に指導する姿は、とても頼もしいものです。

実は、この時期から、先輩研修生の開業サポートが
ドンドン始まっていくのですが、それにあたり、
これまで一番の新人だった研修生にも転機が訪れます。

自分の先輩達が、実際に開業したり、就職したりしていきます。
自分の身近な存在の先輩達が、実際に夢・目標を叶えていく様子を
リアルに見るのは、大きな刺激になるようです。
通常のアルバイトや就職では、
決して感じることが出来ないレベルで
どんどん開業者が出ていく現場環境には、
多くの刺激が存在するのです。

そしてこの6月。
2013年10月生の募集がスタートいたしました。

リライブの特徴は、やはり少人数制による実践的な授業内容です。
講師の先生も直営店のシェフを務めるため、
開業した時の効率的な仕事方法から、
就職した際に必要となる仕事への取組み方・動き方、声のかけ方等、
効果的にスキルを身につけることが出来ます。

また、常に新たな取り組みをしています。
『食』の世界の変化のスピードは速いです。
世の中の変化に負けないようにスピーディーに変革していくことが必要です。

10月開講クラスは、4月よりスタートしたバリスタコースを
更にブラッシュアップすると共に、
開業サポートや就職フォローといった
受講生の夢のサポートに更に力を入れていきます。

まずは、バリスタライセンスを取りたい、
パティシエを極めたい、
天然酵母のパン屋さんを開きたい、
ドリンク中心のカフェやベーカリーカフェ、
短期開業を目指したい方、
スィーツのカフェ等、
更に個々のニーズに対応したクラスをどんどん打ち出していきます。

アベノミクス、円高、消費税率のアップ等、
世の中の変化が加速している中、
値上げ、値下げ等、飲食店の経営の舵取りは、
やりがいもあり、そして大変です。

そんな時代を生き抜けるような店舗運営のサポートに
リライブはこれからも取り組んでいきます。

それでは、それぞれの夢、そして目標を持つ、
皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

リライブ 小川でした!

 
6月 2nd, 2013