まずは資料請求!

リライブイベントスケジュール確認

今月の体験授業ベーカリーパティスリーカフェ

動画でリライブをご紹介

> リライブは専門スクール

MOVIE

そこには、夢を現実にするフィールドがある。活気のあるリライブを見てみよう!

リライブだからできること

SARVICE

就職フォローシステム

就職や転職を希望する方への独自の就職カウンセリングや現場研修などの様々なフォローをするシステムです。

独立サポートシステム

はじめての方でも、経験者の方でも、卒業と同時に開業ができ、開業後も継続的なサポートするシステムです。

スキルアップサポート

将来の方向性を明確にしたい方や教室を開きたい方などそれぞれの目的に合わせて技術や知識をサポートするシステムです。

リライブ直営店【食人】
食人

3つの直営店

現場研修先でもある直営店は、受講生の製作したアイテムなどを販売し、製造接客の経験を積む場です。

 

卒業生のお店紹介開業した卒業生就職した卒業生スキルアップした卒業生

リライブ受講生の声は、スクールのありのままの姿を伝える何よりの声です。
ぜひ、授業見学で実際の受講生の様子をお確かめください。
皆さんの第2の人生の未来(リライブ)を、1人1人の夢、目標に合わせてサポートします!

【リライブベーカリーコースの受講生に聞きました】

1.なぜ食の業界に進もうと思ったのですか?

■パンを良い笑顔で食べている人がいて、自分も食べてくれた人に笑顔になって欲しいと思った(20代男性)
■旅先で食べたパンの味に感動し、自分もこんな仕事をしたいと思ったからです(20代女性)
■美味しいものを食べると自然と笑顔になり、幸せな気持ちになれるからです。
美味しいと喜んでもらえるものを作れるようになりたいと思ったからです(30代女性)
■障害者向けのパン教室のボランティアで、生徒と一緒にパン屋さんをやりたいと思ったから(20代女性)
■作る事、食べる事が好きだから(30代男性)
■東日本大震災で改めて『食』の大切さを痛感した為、飲食業に興味を持ちました(30代男性)
■子供の頃からパンが好きだったこと。モノ作りをしたかった。前職の節目に将来を見直した(40代男性)
■食の業界へ進むとは決めた訳ではありません。趣味が高じて受講しました(40代男性)
■50歳を迎えるにあたり、脱サラして何かを始めようと思い立ち、自家栽培している
野菜を活かせる事を考えてベーカリーカフェを開業してみたいと思ったのがきっかけです(40代男性)

20140914-1

2.なぜリライブを選んだのですか?

■少人数制のクラスなので、しっかりと学ぶことが出来ると思ったからです。
また、入学するのに迷っていた時に体験授業やカウンセリングで今後のアドバイス等を
沢山して頂き、通うならココ!と決めました(20代女性)
■パンの教室よりも、より専門的で深い知識を学べると思ったから(20代女性)
■少人数制なので見てもらえなくて不安になるという事がなさそうだったし、体験授業や説明会で
お話しした先生方が、笑顔でとても生き生きとして見えたからです(30代女性)
■直営店も隣接しており、製造からお客様の手に商品が渡るまでの過程を見ることが出来る為(30代男性)
■電話でも色々と相談に乗って頂き、ここでなら本物の技を修得する事が出来ると思ったからです(30代男性)
■開業・就職までのサポートが分厚いこと(30代男性)
■働きながら学べるため、本当に開業したいのか?出来るのか?を確かめながら進めていけるため(40代男性)
■先生も社員としてベクトルが同じ方向を向いている(40代男性)
■開業知識習得の体制がしっかりしている。育成体制が充実(40代男性)

20140914-2

3.授業で身についたこと、成長したと思うことを教えてください

■ベーカーズパーセントの計算や捏ね上げ温度など、普段知らなかったことが出来るようになった(20代女性)
■1つのパンでも自分の知らなかった知識や方法を学べ、それを自分の職場に活かせた(20代女性)
■パンらしいパンが作れるようになってきました(20代女性)
■習った品物のバリエーションを考える癖、普段店の物を食べる時に工程を考える癖が付いた(20代女性)
■掃除、片付け、声掛け、返事の重要さ。どんどん質問することの大切さ(30代女性)
■一番は、プロとしての心得です(30代男性)
■パン製造に取り組む意識・考え方。パン製造の基礎技術・知識(40代男性)
■パンの知識の向上と仕事、お客様に対する意識が高まったと思います(40代男性)
■目標に向かってリアルに近づけるという事が実践出来ています。
具体的に何をしなくてはならないのか、気付かせて頂いています(60代男性)

20140914-3

4.今後の夢や目標を教えてください

■美味しいパンを作るのは勿論の事、見た目でもこのパンは美味しいと思えるパンを作っていく(20代男性)
■まずは子供たちにパンの知識・技術をもっと分かりやすく教えられるようになります。そして必ずパン屋さんを開き、
子供たちがやりがいを持って働けて、お客様に喜んでもらえるようにします(20代女性)
■パン屋さんに就職して、美味しいパンを作っていきたいです(20代男性)
■ベーカリーカフェを開業し、安心安全なパン、食事を提供すること。
そして、どんな方でも立ち寄れる地域の憩いの店にしたい。(30代男性)
■お客様に美味しいと感じてもらえるパンを作れるようになること(30代男性)
■将来、定年後にパンにまつわる仕事が出来るようになれたらと思います(40代男性)
■田舎に戻って2016年に開業して自分の作ったパンで地元の人に喜んでもらいたい(40代男性)
■ただ開業するのではなく、お客様から愛されるお店作りをして、お客様のからだ・こころの健康に微力でも協力し、
地域・社会に対して何かしらの貢献が出来ればと考えます(40代男性)
■アドバンスを受けながら開業までの実践計画書を自分で作成して
計画に基づいて実行出来るようにしていきます(60代男性)

20140914-5 (2)

5.これから食の世界に一歩進もうと考えている人へメッセージをお願いします

■無知というのがなによりの不安で、一歩が踏み出せなくなりそうでしたが、
踏み出さなければ自分は今でも無知のままでした。(20代男性)
■最初は目的がぼんやりしていても自然とハッキリしてきたり、周りからの刺激により新しい目的が見えてきます。
まずは思い切って飛び込んで始める事が大切!!(20代女性)
■開業は今まで夢だと思っていましたが、リライブに通って一歩踏み出してみると
現実的になって一歩近づけると思います!!(20代女性)
■食の世界を楽しんで下さい。(20代女性)
■まずはチャレンジする事が大切だと思います。一歩踏み出す事で得られるものは大きいです。(30代女性)
■今の食生活が未来の子供たちの身体にもなります。安価で手軽に口に出来るものが決して悪いとは言いませんが、
安全・安心な物を口にし、命のリレーを後生に繋ぎませんか。まずは挑戦。失敗しても、スマイルでまたその一歩から。(30代男性)
■人を笑顔にする事が出来る、それを自分の目の前で見る事が出来る仕事だと思います。
大変な事も沢山ありますが、目標を持って頑張っていきましょう。(40代男性)
■これまでの自分の意識改革の上でも授業は良いきっかけになります。(40代男性)
■強い思いがあれば、きっと成功します。そのことを教えてくれます。(40代男性)

20140914-10

授業は少人数制なので、しっかりとした技術が身に付きます。
どんな場面、どんな言葉で技術の修得を可能にしているか、
どのような指導、工夫で現場で活きる実践的なパン作りをマスターしているかは、
学校説明会や授業見学会でぜひご確認ください!

 
9月 12th, 2014