新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

パン職人やパン屋の開業を目指す人に役立つ学校選びとは?通学・通信講座の特徴も解説

パン屋の開業やパン職人を目指すために、パン作りの知識や技術の習得は欠かせません。

将来的にプロとして活躍するには、本格的に製パンを学べるスクールがおすすめです。
しかし、製パンスクールには様々な種類があるため、どのように選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

このページでは、パン作りを学べる学校を選ぶ際のポイントから、通学・通信の違いなどを解説していきます。


パン職人になるために社会人が身につけるべきスキル

一般的にパン職人になるために特別な資格は必要ありません。

ただし、パン屋を開業する場合や就業先によっては、食品衛生管理者や調理師免許が必要になる場合があります。

このような資格以外にも、パン職人になるために身につけておくと役立つスキルがいくつかあります。

ここでは、パン職人になるために社会人が身につけるべき基本的なスキルを3つご紹介していきます。

▼パン職人になるために身につけるべき基本的なスキル

  1. パンの専門知識と技術
  2. 感性とオリジナリティ
  3. 体力や腕力

パンの専門知識と技術

パン職人として働くためには、パン作りの専門知識と技術は必要不可欠です。

パン作りの基本材料である小麦粉、イースト、塩、水の特徴や扱い方から、副材料と言われる砂糖、油、卵、乳製品など、作りたいパンに応じた材料の知識をつける必要があります。

また、パン作りには「捏ね」、「発酵」、「形成」、「焼成」といった一連の工程があるため、基本的な調理方法から専門的なノウハウまで幅広いスキルが求められます。

より美味しいパンを作るためには、その日の気温や湿度に合わせた仕込みも大切になってくるので、知識と技術に加え、実践的な経験も積むこともパン職人にとって大切な要素と言えるでしょう。

感性とオリジナリティ

パン作りにおいて、製パンの技術はもちろんのこと、常にお客様に満足してもらえるパンを作り続けるための感性やオリジナリティも大切なスキルです。

基本的なパンに加えて、季節の材料や独自のアイディアによるオリジナルパンのバリエーションも集客につながるポイントとなります。

何よりも、ご自身で編み出したオリジナルのパンが喜ばれることは、パン職人としての醍醐味の1つとも言えるでしょう。

また、高品質で安全なパンを作るためには、五感を働かせて生地の状態をチェックすることも重要です。

感性は、基本的な知識を身につけた上でインプットとアウトプットの実践を繰り返すことによって次第に磨かれていくため、日々の生活の中で意識を持つと良いでしょう。

体力や腕力

パン職人になるには技術面だけでなく、体力をつけるなど健康管理も重要です。

パン作りには時間がかかるため、焼きたてのパンを開店前に焼き上げてお客様に提供するためには、早朝から作業を始める必要があります。

そのため、パン屋の勤務形態などにもよりますが、朝型の生活や規則正しい生活ルーティンを身につけておくことで仕事のパフォーマンスを上げることができるでしょう。

また、パン作りに必要な小麦粉などの重い材料を運んだり、生地をこねたりするための腕力や、長時間の立ち仕事に耐えられる体力と腕力も必要です。

一見華やかなイメージのあるパン職人ですが、体力的にハードな面もあることを知っておくことが大切です。

ただし、体力に自信がないという方でも働いているうちに慣れてきますし、経験を積むことで効率的に作業ができるようになってくるものです。

また、現代は機械化も進んでいるため、作業の一部を機械に任せるなどの工夫次第で十分にカバーできるでしょう。


▼関連コラム


社会人が製パン学校を選ぶ際のポイント

パンに関する知識や技術を学べる学校には多くの種類がありますが、数あるスクールの中からご自身の目的や適正に合った学校を選ぶことが大切です。

ここでは、社会人がスクールを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

▼社会人がスクールを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

  • カリキュラム
  • 学習スタイル
  • 学習時間
  • サポート体制

カリキュラム

スクールを選ぶ際に、カリキュラム内容のチェックは必ずしておきましょう。

同じ製パンを学べるスクールでも、設定されたカリキュラムによって、どの程度の知識や技術を学べるかが異なります。

パン作りの基本を学べるのか、応用もカバーしているのかという点だけでなく、パン作り以外にも、製菓や原材料に関する内容、衛生管理など、幅広い範囲を学べるカリキュラムが用意されているスクールもあります。

特に、将来的にパン職人やパン屋の開業を目指している方の場合は、趣味としてのパン作りではなく、職業としてパン業界を目指すために適した内容になっているかを確認することが大切です。

学習スタイル

普段仕事をしている社会人は、まとまった勉強時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

社会人をしながら製パンの学習を進めていくためには、いかに時間を捻出するかがカギとなります。

そのため、製パン学校を選ぶ際には通学制と通信制の違いや、テキスト、動画、講義などの学習方法の違いを知り、ご自身のライフスタイルやスケジュールに沿って無理なく学習ができる学校を選ぶことが成功のポイントです。

また、集団授業か少人数制など、授業が行われる人数によっても向き不向きがあるでしょう。

学校によって雰囲気が大きく異なるので、評判をチェックしたり、体験講義を受けたりして、ご自身に合っているか判断するのもおすすめです。

学習時間

学習時間も学校によって様々で、数ヶ月程度の短期間で修了するものから数年かけて学習していくところもあります。

短期だからと言って内容が薄いとは限らず、授業進度やカリキュラムの方針によって充実度は変わってくるため、目的やご自身の計画に合わせたスクール選びが大切です。

学習に必要な総時間の目安、授業の曜日や時間帯など、社会人でも通いやすい時間になっているか、無理のないペースで学習を進めていけるかという視点で選ぶようにしましょう。

サポート体制

社会人にとって、学校からのサポート体制はより効果的な学習に繋がります。

仕事と両立しながら学習を行うためには効率性も重要なので、教材や材料、道具などを購入する際のサポートや、学習計画のサポートを受けられると、学習の負担を軽減することができます。

講義でわからないことがあった場合などに、質問にしっかり対応してくれるかどうかも効率的に理解を深めるためには大切なポイントです。

また、就職や企業のサポートがあることで、その後の進路にもスムーズにつなげることができるので、学校選びの際にはサポート体制についてもしっかりチェックしておきましょう。


通学制・通信制の違い

製パンを学ぶためには、大学や専門学校、スクールやパン教室など様々な方法がありますが、学習スタイルを大きく分けると、通学制・通信制という違いがあります。

従来は、専門学校と言えば通学して学ぶのが一般的でしたが、ここ最近は通信制の専門学校や各種スクールも増えており、社会人の方でも学べる環境が整っています。

また、通学制でも、夜間コースや週末コースなど、スクールによって異なる授業時間が設定されているため、場合によっては社会人の方でも通学可能です。

人によって合う合わないもあるため、事前にそれぞれの違いを知った上で慎重に選ぶことが大切です。

通学制・通信制のスクールの特徴と、それぞれのメリットとデメリットについても見てみましょう。

通学制スクールの特徴

通学制スクールは、名前の通り実際に学校に通って講義を受けるタイプです。

指導経験が豊富な講師による対面式の講義で実践的に学べるため、より理解を深めることができます。

また、実際にパン屋のオーナーやパン職人として実績を積んだ講師が講義を行うスクールもあるため、現場でも役立つ知識や技術をしっかりと学ぶことができるのが特徴です。


▼関連コラム

メリット

通学制の学校では、実際に自分の目で確かめながら実践的に学べるため理解が深まり、実際の仕事でも学んだスキルを活かしやすいのがメリットです。
講義でわからないことや質問がある場合はその場で解決することができるため、スムーズに学習を進めていくことができるでしょう。

また、同じ目的意識を持ったメンバーと講義を受けるため、横のつながりによってモチベーションのアップや、情報共有の機会が増えるという特徴もあります。

デメリット

通学制スクールは学校に通う必要があるため、場所や時間に縛られてしまうのはデメリットのひとつと言えます。

行きたい学校が見つかっても、学校の所在地がご自身の生活圏内でなければ諦める必要も出てくるでしょう。

なんとか通えるエリアに学校があったとしても、自宅や職場の近くに学校がない場合には、移動時間や交通費もかかってしまい、効率性が落ちる可能性もあります。

特に、昼間フルタイムで仕事をしている方にとっては必然的に通えるスクールのスケジュールに縛りが出てきてしまうだけでなく、仕事を終えてから夜間コースなどに通うとなると、体力的にもハードです。


通信制スクールの特徴

通信制スクールの講義は、通学することなく、オンラインの講義動画を試聴して独学で学習を進めていく方法です。

学習に必要なテキストや動画は、郵送で受け取るか、ダウンロードするタイプなどがあります。

座学で理論を学ぶものや、実践的な動画で技術を学べるものなどスクールによって様々な動画形式、カリキュラムが用意されているため、ご自身の目的に応じて選ぶことが可能です。

パン作りに使用する道具や材料はご自身で用意する必要がありますが、多くのスクールでは購入する際のサポートをしてもらえるので安心です。

また、通信講座の受講終了後に、資格の認定証が発行されるスクールもあるため、将来的にパン作りを仕事にしたいという方は資格取得ができる学校もあります。

メリット

学習するための時間や場所を選ばないのが通信制のメリットのひとつです。

動画講座の場合は、パソコンやスマホなどご自身の端末で視聴できるため、通勤時間や休憩時間などの細切れの時間を活用したり、週末にまとめて勉強したりと工夫しながら学ぶことができます。

通学制の講義は限られた時間の中で進められていくため、場合によっては出られない授業があったり、難しい箇所などを聞き逃してしまったりすることもあります。

しかし、通信制ではあらかじめ録画された講義動画を繰り返し見ることができるので、ご自身の理解度に合わせて学習スピードを調節できます。

講座を繰り返し見ながらいつでもご自宅でパン作りの練習ができるので、自主的に実践を積むことも可能です。

すでに理解している部分は素早く復習し、力を入れたい部分に時間をかけられるなど、より効率的に学習することができるでしょう。

デメリット

通信制は基本的に独学で学習を進めていくため、疑問点などがあった場合にすぐに質問できないことがデメリットとして挙げられます。

疑問点をそのままにしておくと、それが積み重なりその後の理解度にも影響してしまいます。

わからないことはその都度解決できるように、メールや電話などの質問に対応しているスクールを選ぶか、自力で調べる力をつけることが重要です。

また、仕事の都合でうまく時間が取れない方や、自己管理が苦手な方などは、なかなか計画通りに進められないというケースも考えられるでしょう。

通学制がおすすめの人

ここでは、通学制スクールがおすすめの人についてまとめました。

▼通学制スクールがおすすめの人

  • プロとしてのスキルを身につけたい人
  • 着実かつ効率的に学びたい人
  • 実践的な学習を重視する人

プロとしてのスキルを身につけたい人

プロのパン職人やパン屋の開業を目指す方にとって、パン作りの技術はもちろんのこと、パンに関わる幅広い知識や理論を学ぶことも大切です。

通学制の学校に通うことで、基礎から応用までしっかり作られたカリキュラムに基づいて体系的に学習を進めていけるため、将来的に仕事としてパン作りに関わる際に活かせるスキルを身につけることができるでしょう。

また、書籍や動画などでは分かりづらいニュアンスも、通学制の場合はキャッチすることができるため、より繊細な技術を学ぶことも可能です。

着実かつ効率的に学びたい人

通信制のスクールの多くは経験豊富なプロの講師によって、基礎をしっかり固めた上で応用力を身につけられるように段階的に進められるため、独学で進めていくよりも効率的に学ぶことが可能です。

また、直接指導を受けることによって理解度が深まるだけでなく、わからないことはその場で解決できるので、着実に学習を進めることができるでしょう。

さらに、クラスのメンバーとのつながりもできるため、同じ目標を持った仲間と情報共有をしながら学んでいけるのも魅力です。

実践的な学習を重視する人

パン職人を目指す場合は実践的なパン作りのノウハウが重要です。

テキストなどを使って独学することも可能ではありますが、実物を見たり実践したりすることによる経験学習によって、より実践的な技術を高めることができます。

通学制スクールの場合は学校の施設を使用することができるので、プロ仕様の設備や道具によってよりリアルな環境での学習が可能になります。


リライブフードアカデミーがオススメの人

ここでは、リライブフードアカデミーがオススメの人についてご紹介します。

▼通リライブフードアカデミーがオススメの人

  • 本格的なパン作りを学びたい人
  • 働きながらスキルを身につけたい人
  • 自分のペースで学習したい人

本格的なパン作りを学びたい人

製パンを学ぶためにはパン教室や専門学校など様々な選択肢がありますが、将来的にパン職人やパン屋の開業を目指す方にとっては、プロフェッショナルとして通用する高度なスキルを身につけることが必要となります。

リライブでは、仕事としての製パンの知識と技術を効率的に学べるカリキュラムによって、プロとして活躍できるスキルを磨くことが可能です。

卒業生の中には、以前は趣味でパン作りをしていたものの、リライブフードアカデミーの講座を経て開業に至った方など現役で活躍している方が多くいるため、ご自身のキャリアプランをよりリアルにイメージすることができるでしょう。

働きながらスキルを身につけたい人

「働きながらの学習は、時間的にも体力的にも難しそう」と感じている方は少なくありません。

確かにフルタイムで仕事をしながら、さらに学習時間を捻出するのは決して簡単なことではありませんが、自分に合った学習方法や学校を選ぶことで実現可能です。

リライブフードアカデミーの講座は、ご自身の好きなペースで学べるオンデマンド型の講座から、社会人でも通いやすい授業時間に設定された夜間コースや週末コースなど、様々なオプションから選ぶことができます。

働きながらでも無理なく講座を受講して製パンのスキルを身につけたい人にはリライブフードアカデミーはオススメのスクールです。

自分のペースで学習したい人

リライブフードアカデミーでは、様々なライフスタイルの方や目的に合わせた講座から選ぶことができるのが特徴です。

通信講座はご自身で学習を進めていくタイプなので、努力次第では最短3ヶ月で学習を終えることができます。

反対に、仕事が忙しい方や、空き時間などを使って無理なく勉強したいという方は、最長の受講期間である1年間でゆっくりと習得していくことも可能です。

ご自身のスケジュールやペースに合わせて学習できるフレキシブルさは、リライブフードアカデミーならではの魅力です。

ご興味のある方は ぜひリライブ公式サイトのベーカリーコースよりお問い合わせください。


まとめ

今回は、将来パン職人やパン屋開業を目指すために本格的にパンについて学びたい方に向けた専門学校選びのポイントをご紹介してきました。

実践的な学びを深められる通学タイプ、ご自身のペースで独学できる通信タイプなど、それぞれにメリットとデメリットがあります。

リライブでは、目標に応じて選べる通学コースから、気軽に始められるオンデマンド講座など、様々な講座をご用意しています。

ご自身のライフスタイルや将来的なキャリアプランに沿って、適した学習方法を検討してみてください。

こちらのコラムもよく見られています

2023.2.7

「天然酵母」と「イースト」の違いとは?専門店の開業に適した学校の選び方

美意識や健康志向が高い方に、絶大な人気を誇っている「天然酵母パン」。 中には、天…

2022.3.17

意外と知られていない?パンに関する資格まとめ

パン好きなら一度は憧れる資格の取得。とはいえ、個人的に趣味としてパン作りを極めた…

2023.4.4

「専門学校」と「お店での修行」を比較!パン屋の開業に有利なのはどっち?

  オーナーとして独立開業を目指している人の多くが、「パン屋での修行」と「専門学…

2019.8.27

パンの種類について~その2~

★パンの種類について~その2~ パン屋を開業するために知っておいた方がよいことは…

デジタルパンフデジタルパンフレット 資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ