新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

カフェの開業は一人でできる?経営を成功させるためのコツとは

 

コーヒーの知識とスキルを磨き、いつか自分のカフェを持ちたいと考える人は少なくありません。

自分のこだわりや理想を取り入れたカフェの経営は憧れの仕事とも言えるでしょう。

しかし、一人でカフェを開業し、経営することは決して簡単なことではありません。

この記事では、一人でカフェを開業・経営するメリットとデメリットから、成功するためのポイントをご紹介します。

カフェの開業を検討している方はぜひ参考にしてください。

一人でカフェの開業は可能!

自分のアイディアを形にできるカフェの開業は魅力的な仕事の1つです。

コーヒーやバリスタの知識や技術を学んで、いつか自分のカフェを持つのが夢という人もいるのではないでしょうか。

一方で、カフェの開業に興味があるものの、一人でできるのか不安に感じる人も少なくありません。

カフェの経営にはコーヒーに関連する知識以外にも様々なスキルが必要になるため、一人で開業するのは決して簡単なことではありません。

しかし、自分のアイディアを反映したカフェの経営は、他店にはない個性を表現したり、自由な働き方ができたりと大きなやりがいになることは間違いないでしょう。

カフェの開業で成功させるためには、事前にしっかりと計画を立てた上で準備を進めていくことが大切です。

一人でカフェを開業・経営するメリット

ここでは、一人でカフェを開業・経営するメリットをご紹介します。

  • 自分の理想を追求できる
  • 資金を節約できる
  • 事務作業など雑務の負担が少ない

自分の理想を追求できる

自分のカフェを持つことの最大のメリットとして、自分の理想を追求できることが挙げられます。

カフェに就職した場合は基本的にそのカフェの価値観やイメージに沿ったスタッフ像が求められるため、自由度はそこまで高いとは言えません。

一人でカフェを開業するということはそれだけ責任も伴いますが、同時にお店のコンセプトやスケジュールを自由に決められるなど、様々な魅力があります。

ご自身のスタイルや個性を活かした店舗デザインやメニュー展開を考えたり、顧客サービスを展開したりすることで、他のカフェにはない独自性を表現することが可能です。

資金を節約できる

カフェの経営には様々な資金が必要となります。

開業するための資金だけでなく、開業後も運転資金や固定費など、想定される費用を捻出してやりくりしていくことが重要です。

多くの場合、新規店の開業には多くの資金が必要になりますが、一人で開業し経営することで、これらの資金を節約できる可能性もあります。

以下ではカフェの開業から経営に必要となる具体的な資金について見ていきましょう。

開業資金

始めに、カフェを始めるためには物件探しから設備の購入などの開業資金が必要になります。

一人で経営する場合は小さなスペースでも十分運営することができるため、物件購入費や賃貸費などを節約することができます。

一人でも回せる必要最低限の設備を検討するなど、できるだけ小規模にすることで費用が抑えられるだけでなく、無駄のない経営につながるでしょう。

内装や装飾に関しても、業者に依頼せずにできる限り自分で行うことができれば、労力はかかるものの費用は大幅にカットすることが可能です。

また、共同経営者やスタッフを必要としない場合は、求人広告などの雇用コストを削れるのもポイントです。

運転資金

カフェの運転資金には様々な種類がありますが、主に仕入れ資金、光熱費、広告費、消耗品などの雑費などのコストが発生します。

一人でカフェを経営する場合には、これらの費用を節約することが可能です。

まず、仕入れに関しては常に自分で在庫管理をするため、その時々の顧客のニーズや在庫状況に合わせて適量を仕入れることができます。

光熱費に関しては、営業時間の設定や設備の使用方法を工夫することで、余計なコストを削ることができるでしょう。

広告費は経営方針や戦略によって適切な予算は異なりますが、外部に依頼せずに自分でフライヤーを作成したり、SNSやブログを活用したりすることで、費用をかけず、または低コストでプロモーションすることが可能です。

雑費などにおいても自分で必要な分だけを調達できるため、1つ1つは小さな金額であっても、積み重ねていくことで無駄な出費の削減となります。

固定費

固定費として最も大きな割合を占める費用の1つがスタッフの給与です。

給与以外にも、スタッフの雇用状況に応じて保険料や交通費などの固定費が発生する場合もあります。

サービス業であるカフェ経営においてスタッフは必要不可欠の存在ですが、一人で運営した場合には自分以外の人件費がかからないため、固定費を大幅に削減することができます。

もちろんスタッフがいない分の業務は全て自分で行う必要がありますが、できるだけ自動化や効率化することで、スタッフを雇うよりも低コストで経営することが可能です。

事務作業など雑務の負担が少ない

一人でカフェの経営をすることで増える業務もありますが、できるだけ簡略化することで負担を軽減できる場合もあります。

自分で全ての業務を把握しているため、スタッフを雇っているカフェや多店舗展開している会社とは異なり、ミーティングや売上報告などの業務は基本的に必要ありません。

もちろん将来のマネジメント戦略のため、あるいは確定申告などの書類業務のために残しておくべきデータもありますが、自分にとって必要最低限の業務に絞ることが可能です。

また、スタッフを雇うとシフトの管理や給与管理など、事務作業が増えることも考慮すべきポイントです。

一人でカフェを開業・経営するデメリット

ここでは、一人でカフェを開業・経営するデメリットについてご紹介します。

  • 収入に波がある
  • できる仕事量に限界がある
  • 客観的な判断が難しい
  • 拘束時間が長い

収入に波がある

カフェの経営はシーズンや曜日、天候などによって変動するのが特徴です。

一人でカフェを経営する場合、繁忙期に一人でお店を回すとなると、全ての顧客に対して普段通りのサービスを提供できない可能性も考えられます。

もちろん、病気や怪我で働けない場合や休暇を取る場合でも、代わりのスタッフがいなければその分の売り上げが立たないため、収入に波が出てきます。

ただし、しっかりとした戦略のもと効率的に運営することができれば、より少ない人件費で多くの利益を得ることができる可能性は十分にあります。

あらかじめこのような収入の波を想定した上で経営戦略や資金計画を立てておくことで、柔軟な対応ができるようになるでしょう。

▼関連コラム

できる仕事量に限界がある

カフェを一人で開業・経営する際には、できる仕事量に限界があることもデメリットとなります。

時間的な制約があるだけでなく、幅広い知識が必要になるため、自分で調べて理解することも重要です。

ここでは、開業前の準備と開業後の仕事内容についてチェックしていきましょう。

開業前

一人のカフェ経営では、実際の運営だけでなく、開業前の準備にも時間と労力がかかり大変な部分が多くあります。

開業前の仕事には以下のようなものが挙げられます。

  • 事業計画書の作成
  • 融資申し込み
  • 物件探し
  • 届け出
  • 店内の設計や内装
  • メニューの企画
  • 備品の手配
  • 宣伝活動

このように基本的な業務を挙げただけでも様々な種類があり、それぞれを計画的に行っていく必要があります。

▼関連コラム

開業後

カフェを実際に開業した後は、主に以下のような仕事があります。

  • オープン準備
  • 接客
  • 調理
  • 清掃
  • 発注
  • 財務管理
  • 宣伝活動

これらの多岐にわたる仕事を一人でこなすには、できるだけ効率的な方法を考えて行っていくことが重要です。

特に、繁忙期やピークタイムにはさらに忙しくなるため、優先順位をつけて進めていくこともポイントとなります。

客観的な判断が難しい

自分だけでお店を回していると、どうしても客観的な視点が欠けてしまうことはデメリットのひとつと言えるでしょう。

ちょっとしたことで悩んだ時でもその都度自分で判断することが求められるため、自分の軸と知識を組み合わせて判断力を磨いていくことが大切です。

また、一人で経営をする場合であっても、仕事について話ができる交友関係作りや、必要に応じて専門家に相談できる体制を整えていくこともポイントです。

拘束時間が長い

一人でカフェを経営する場合、休憩も取りにくくなります。

できるだけ多くの顧客に利用してもらうために、顧客の入店が少ないタイミングを見て休憩を取るなど、不定期になりがちなのも特徴です。

また、営業時間中は顧客対応に追われ、営業時間外に発注作業や仕込み業務を行う必要がある場合には、さらに拘束時間が長くなってしまう可能性があります。

持続的な経営を行っていくためには、売上をキープしつつも、ある程度自分の休みも確保できる工夫が大切になります。

一人で開業・経営する時の注意点

一人でカフェを開業・経営するためには、共同経営者や従業員と運営する場合とは異なる視点や注意が必要です。

ここでは、事前に知っておくべき注意点をご紹介していきます。

  • 幅広い知識とスキルが求められる
  • 自己管理能力が必要
  • ネットワークの重要性

幅広い知識とスキルが求められる

コーヒーに関わる知識だけでなく、経営に関する知識や顧客・取引先と関わる対人能力など、様々なスキルが必要となります。

日々多くの業務を一人でこなしていくために、素早い判断力や問題解決能力なども求められるでしょう。

経験を積んでいくうちに慣れてくるものですが、事前に基本的な知識や想定されるリスクやトラブルに関しても学んでおくとスムーズな運営につながります。

また、カフェの経営で継続的に成功し続けるためには、移り変わるトレンドや顧客のニーズに応えられるように、常に外部からのインプットを通して学び続ける姿勢も大切です。

自己管理能力が必要

一人で経営するということは、もしも自分が病気や怪我などで動けなくなってしまった場合は代わりがきかないということ。

そのため、日頃から自己管理能力を高め、いつでも万全のコンディションで仕事ができるように注意することが必要です。

また、日々多くの業務がある中で優先順位をつけながらタイムマネジメントを行わないと、ワークライフバランスが崩れてしまう恐れがあります。

せっかくカフェを開業したものの、余裕がなく楽しめなくなってしまうのは残念なことなので、規則正しい生活を心がけるなど、自分自身のマネジメントも意識することが大切です。

ネットワークの重要性

一人でカフェの経営を行なっていると、客観的な視点で考えることが難しく感じることもあるでしょう。

カフェは季節やトレンドの変化に対して敏感な業界でもあるため、このような変化に対応することは成功のために必要な要素のひとつです。

同じように個人カフェを経営している人とのつながりや、同業者、専門家とのネットワークを広げることで情報交換をしたり、悩みや相談があったときに助け合ったりすることができます。

日々の接客を通じて、顧客との繋がりを大切にすることも、直接的なニーズを汲み取ることも経営戦略の立案に役立つでしょう。

また、スクールや業界のイベント、コミュニティなど横のつながりに積極的に参加することで、円滑なネットワーク形成につながります。

一人で開業・経営を成功させるためのポイント

個人カフェを開業する場合は、一人でもお店を回せるようにできるだけ業務を効率化することが大切です。

いかに仕事の生産性を上げられるかによってスムーズな運営が可能となり、売上アップや顧客サービスの向上につながります。

一人で開業・経営を成功させるために役立つ具体的なポイントをご紹介します。

  • お店の広さは広くしすぎない
  • 提供時間を考えたメニュー構成にする
  • 負担を減らす備品・設備の導入
  • 在庫管理をしっかり行う
  • 事務作業なども考えて営業時間を設定

お店の広さは広くしすぎない

出店計画を立てる際にお店を適切な広さと設計にすることは、カフェの経営を成功させるために重要なポイントです。

一人でもスムーズにお店を運営するため、効率的に動ける動線があることや、店内がしっかり見渡せる作りになっているかなど、デザインやインテリアだけでなく、実用性の観点でもチェックすることが重要になります。

一人で対応できる顧客数にも制限があるため、席数のバランスや、待ち時間があっても快適に過ごせる空間など、ご自身が思い描くイメージやコンセプトに合わせて検討していきましょう。

メニュー数は最初から増やしすぎない

カフェの経営では、美味しいコーヒーを提供するだけでなく、オリジナルのメニューを考えることも楽しみのひとつですが、一人でカフェを開業する場合には適切なメニュー数を検討することが大切です。

メニュー数が多すぎると、仕入れや在庫管理に時間がかかるだけでなく、さらに調理にも手間がかかり、ロスが増える原因になります。

一人で対応することを想定して、始めのうちはメニュー数を少なめに設定し、徐々に増やしていくことで無理なく対応することができるでしょう。

また、仮に店内が満席でも持ち帰りができるメニューを充実させることで、より多くの顧客に提供することも可能です。

提供時間を考えたメニュー構成にする

一人でドリンクやフードの準備をする場合はどうしても時間がかかってしまいます。

提供までの時間が長いと顧客を待たせてしまうだけでなく、自分の負担も大きくなってしまうので、メニューの数に加えて、メニューの構成や内容などのバランスも考えることが重要です。

例えば、お皿に盛り付けるだけで提供できるメニューや、仕込みをしておくことで提供時間を短縮できるメニューなど、味や見た目以外の観点からもメニュー構成を考えることで、よりスムーズに運営することができるでしょう。

▼関連コラム

負担を減らす備品・設備の導入

個人カフェでは基本的に一人で全ての業務をこなさなければならないため、効率的に作業ができる工夫が必要です。

できるだけ作業時間を短縮するために、備品や設備に頼ることもポイント。

例えば、食洗機や業務用のレンジなどを導入して、一部の作業を自動化することで大幅な時間節約ができます。

また、簡単に操作できるオーダーシステムの導入や、会計ソフトなどを活用することで、日常業務に費やす時間を縮めることも可能です。

これらの設備には初期費用がかかりますが、長期的に考えると業務の負担が軽減され、その分の労力を顧客サービスなどに注力したり、余暇の時間にしたりとスムーズな経営が可能になるでしょう。

▼関連コラム

在庫管理をしっかり行う

一人でカフェの経営を成功させるためには、在庫管理も大切な要素です。

必要な材料を適量仕入れることで在庫管理がしやすくなるだけでなく、いつでも新鮮でクオリティの高いメニューが提供することができます。

食品ロスやコスト面でも、在庫管理をしっかり行うことで無駄なコストをカットし、より多くの利益を上げることが可能になります。

また、材料の発注作業はできるだけ効率的に行えるよう、専用のシステムやツールを活用することもおすすめです。

事務作業なども考えて営業時間を設定

一人でカフェの経営を行う場合、適切な営業時間を検討することも非常に重要です。

営業時間イコール自分の勤務時間とすることも可能ですが、多くの場合において営業時間は接客がメインとなるため、人気店になればなるほど、仕込みや事務作業などの業務は営業時間外に行うケースが増えてくるでしょう。

最も入店の多い時間帯や曜日に営業を集中させるなど、無理のない範囲で効率的に売上を伸ばせる運営方法を考えることが大切です。

まとめ

一人でカフェを開業・経営することは幅広い知識やスキルが必要となるため簡単なことではありませんが、ご自身の理想を叶えて成長していける魅力ある仕事です。

ご自身の専門的な知識を高めたり、効率的に業務を回す工夫をしたりすることで、一人でも多くの顧客に親しまれるお店づくりができるようになるでしょう。

当校リライブではコーヒーやバリスタのスペシャリストを目指す講座だけでなく、カフェの開業に役立つ講座もご用意しています。

ご自身のカフェの開業を検討している方は、ぜひ「リライブ公式HPのカフェコース」をチェックしてみてください。

こちらのコラムもよく見られています

2019.4.4

カフェの学校に通い、カフェを開業しようと思ったきっかけの特集パート3(カフェコースの受講生の声)

 受講生のカフェ業界で開業をしようと思った最初のキッカケや、カフェ開業の夢に踏み…

カフェの接客マニュアルの作り方
2021.7.15

カフェの接客マニュアルの作り方|記載するべき内容など詳しく解説

カフェに接客マニュアルは必要ないと思っていませんか? いいえ、そんなことはありま…

コーヒースタンド
2021.12.29

コーヒースタンドとは?必要な資金・開業の流れ・収入相場を解説

「コーヒースタンドとは?」と聞かれると、「立ち飲み」や「テイクアウト」を連想する…

2019.8.27

カフェ開業前に知っておきたい、チラシの作り方

★カフェ開業前に知っておきたい、チラシの作り方 カフェを開業したら、一人でも多く…

デジタルパンフデジタルパンフレット 資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ