新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

コラム

「開業資金」・・融資のご利用は計画的に・・・

開業資金に関しては、
開業に必要な資金という意味と開業時に用意できる資金という2つの側面がある。
すなわち、自分の目指す店をつくるために必要な資金という意味と、
店を開店させるために確保できる資金という2つの意味である。

この2つの要素を考えた上で、リアルに開業資金を決めていかなければ
効果的な開業活動はできないはずである。
自分自身の目指す店に必要な資金というものが「理想」であれば、
自己が用意できる資金が「現実」である。
理想だけを追い求めると店舗の費用は恐らく莫大なものとなってしまうであろう。

また、現実だけを考えてしまうと、自己の店舗の魅力は半減してしまい、
【個性のない個人店】となってしまう可能性が高い。
何故なら、コスト第一ということは、いろいろな店に使用されている工事内容、
そして什器内容等を活用することになってしまうからである。

この「理想」と「現実」をつなぐためにつくるものが、開業の資金計画である。

有効な開業の資金計画をイメージするためには、
「理想」と「現実」の両方の要素をしっかり直視することが大切である。
しかし、大半の開業者は、果たして自分自身の理想を追い求めると
どの位の費用がかかるのか?ということが理解できない。
どちらかと言えば、自分自身にどの位の費用が用意できるのか? の方がイメージできやすいのだ。

だから、基本的には、まず「現実」からイメージすることがセオリーである。
自分自身に用意できる「現実的な開業資金」をイメージする上でもっとも大切なものは「自己資金」である。
この自己資金で、ほぼ、自分自身が用意できる金額がイメージできるといっても過言ではないのだ。
例外を除けば、個人店を開業するというのであれば、
この自己資金の2倍から3倍というのが開業資金のMAXの目安となる。
つまり、自己資金が「300万」であれば、600万~900万というのが開業資金の目安となるし、
自己資金が500万ということであれば、開業資金の目安は1000万~1500万という金額になる。
もちろん、融資の金額には上限があるので、
5000万円の自己資金があるからと言って1億から1億5000万というわけにはいかない。
あくまでも個人店の開業資金の目安ということである。

そして、自己資金よりも開業資金が多くなりすぎると、
返済が大変になってしまうし、少ないすぎても、実は良くない面もあるのだ。

私も含めて、「開業資金」というのは、出来れば安く抑えたい。
業者さんに交渉するときも、ほとんどの人が「少しでも安くしてください」という話しをするはずである。
しかし、開業資金というのは、「店を成功させる」為に使うお金でもある。

融資のご利用は計画的にだから、開業資金を闇雲に減らそうとすると「店が成功する確率」も減ってしまうのだ。
だから、開業資金を減らす場合は、工夫をして減らすことが必要である。
だから、しっかりと優先順位をつけて減額すること!
これが開業資金の計画には必要不可欠なのである。

その中でも開業資金における運転資金の大切さは、
以前コラムに記載したので、下記をご参考に・・・・。
オーナーとして開業資金を考え、融資を利用する時は、まさしく
「ご利用は計画的に・・・」他ならないのである。

開業資金について…

資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ