新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

パン屋さんを開業しようと思ったきっかけや背景や決意(製パンコース受講生)

パン屋さんを開業しようと思ったきっかけや背景、また、どんなパン屋さんを目指し、どんな価値をお客様に届けたいか、開業をしようと思った根拠や決意した背景をまとめました。

 

1.パン屋さん開業の動機(パン屋さん開業のきっかけや自分自身の具体的なエピソード)

◆美味しいパンを自分の手で作る事ができれば、好きなことや趣味が職業にできるので、何かを犠牲にしなくても楽しくこれからの将来設計を立てられると思った事がキッカケでパン屋さんを開業したいと思いました。                                                                                  

◆”定年が近づき、第2の人生を如何に過ごすかを考えた。以前より趣味で料理教室やパン屋での製パン講座に通っていて、だんだんとパン屋開業を本気で考えるようになった。”                                                                                            

◆新しい趣味を見つけたいと思いパン教室に通い始めてからパンを自宅でも作るようになりました。色々なパンを作るうちに友人や親戚にプレゼントするようになり、喜んでもらったり、すごいねと褒めてもらえることがうれしく感じ、いつか自分のお店を持つことができたら楽しそうだなぁと思い始めたことがキッカケです。                                                      

 

◆まだ、パン屋が少なかった 高校卒業からから30歳まで交代勤務していたので、夜勤の帰りに、パン屋で朝食用のパンを購入し、よく朝食としていた。50代になり職場が変わり。そろそろ、将来自分で何かやろう、やるには、腕をみがかなければならない。そのため、どんなことが今からできるか考えたとき、カフェまたはパン屋なら、できるかもしれない。と思いつつ、行動にはでなかったが、今を逃しては、もうないなと思い、学校にはいることとした。カフェ、ベーカリー、考えたが、最初に考えていた、ベーカリーとした。                                          

 

◆パンを自分で作れるようになり、家族や友人に食べてもらい喜んでもらう喜びを感じ、たくさんの人に自分の作ったパンを食べてもらいたい、自分のお店を開きたいと思うようになりました。大好きなパンを追求し実際自分で作って、パン職人になりたいと思いがあった。定年後有触れた人生を歩むより、一度きりの人生なのでパン工房を行う事で、地域の人を活き活きさせたいという思いがあり起業を決意した。                                                         

 

◆高校生の頃、叔母が腎臓がんになり片方の腎臓を摘出し、その後塩分制限等の厳しい食事制限を一生続けていくことになりました。世界にはそういった制限のある人が多くいることを知り、すべての人に美味しいものを食べてもらいたいと考えました。                      

 

◆”物心ついた頃からパンが好きで、朝食にパン、学校給食がなかった時は、いつも校門の隣の雑貨屋さんで菓子パンを買い昼食にしていました。また子供のころからもの作りが好きで、なかでも料理は20年以上続く趣味です。作った料理を喜んでもらえた時の満足感が続いている理由の一つだと思います。定年を機に、パン作りを通して人に喜んでもらいたいと思った事が開業のきっかけです。

 

◆私は幼い頃から食べることが好きで、お米よりパンを好んで食べていました。社会人になってからは友人とパン屋さん巡りをしたり、素敵なカフェに行くことが多くなり、その二つの空間が私の心を満たしてくれました。慌ただしい日々の中にそういった癒しの空間を自らの手で作りたい、そのルーツは絶対に大好きなパンが良い、そんな風に思うようになりました。また、命の危険を感じた事件が起こり、一度きりの人生自分の好きなことをやり抜こうと思ったことが夢に踏み切れたキッカケでもあります。近年災害も多く、「食」の大切さや食を通じて人と人との縁が繋がっていくことを感じ、自分も人々を繋ぐ架け橋になりたいという想いがあります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

 

◆私は、小さいころから毎日身近に接する「食」に興味を持ち、大学では食品について学びながら、アルバイトではパン屋でアルバイトをしていた。そのパン屋さんで、焼き立てのパンの味に感動し、自分で焼いたパンでお客様が喜ぶ姿を見てうれしく感じていた。そこで、いつか自分で作ったパンをお客様に提供する仕事をやりたいと思っていた。                                                                                               

◆”私は小さな頃から料理やお菓子を作るのが大好きでした。パンも本を見ながら作ってみたのですが、発酵の見極めなどが難しく、中々上手に作ることが出来ませんでした。パン作りの難しさを知り、基本から勉強するうちに大好きな料理やお菓子作りを活かしたパンを作り、沢山の方に食べて貰いたいと思ったのがキッカケです。”長く食品スーパーマーケットで働く中で、ベーカリー部門の仕入商談の際、工場で見て食べた焼きたてパンの魅力に惹かれ、もともと子供の頃からのパン好きも手伝い、自分が美味しいと思うものを多くのまだ知らない人に伝え、知ってもらいたいという思いを持っていました。そして20年近く携わってきて、お客様の反応が直接的に感じられ、また利益を自分自身で試行錯誤して、生み出すことが出来る『販売』という仕事が好きで天職と思っています。今後は、自ら一つの店を作り構え、その全ての責任を負い、一から運営していきたいと思ったのが、開業を考え始めたきっかけです。                                                  

 

◆開業へのキッカケは「食べることが好き」から始まりました。次に、美味しい物を発見した時の喜びや感動が「自分で作る」ことに発展しました。食事の時間は、楽しくありたいといつも思っています。一人で食べる時も、二人或いは大勢で食べる時も。そこには単なるエネルギー補充でなく、美味しい物で笑顔が生まれ楽しい時間が創れる役割があると思います。その一端で誰かの「楽しい食」に関わりその「楽しい」を共有できるとなんて素敵なんだろうと思います。そして自分が自信を持って「美味しいよ!」と言える料理・パンを提供したいという思いが生まれました。                                                                                            

◆”パンが好きなのはもちろんのこと、食については大学の授業を受けてから興味がありました。仕事に就き忙しいときにコンビニやファストフードが多くなり、食生活を見直さなければと思いました。そのときに、自分だけではなく周りの人たちにも同じように、と思ったのがきっかけです。

 

◆自分で身につけた専門技術で人に提供でき喜ばすことができたら素敵だと、そのときから思い始めました。昔からパンが大好きで、お気に入りのベーカリーを見つけると、たびたび通い、いつもトレーにいっぱいのパンを買って、それを1日2日でペロッと平らげておりました。ところが年齢とともに食が細くなり、たくさんの量を食べられなくなりました。しかも、一回に1個食べるのも重たく感じるようになりました。どうしてこんなに大きいサイズなのかな、この半分のパンがあればなぁーとずっと思っておりました。本当はたくさんの種類のパンを食べたいのだけれども、1個か2個しか食べることができず、少しずつベーカリーから遠ざかっていました。少し前から、消費者のニーズに敏感なコンビニでスモールサイズのパンが販売されるようになりました。私は少し嬉しくなりコンビニのパンを買うようになりました。しかしコンビニのパンは3回買うと何故か飽きてしまいました。それなら自分でパンを焼いてみようと思い、ネットで教室をいろいろ調べていたら、リライブの学校の案内に出会いました。今の仕事を続けながら週1回の授業でパン職人を目指せるというのがとても魅力的でした。リライブと出会ったことによりパン職人への道が開かれました。そして納得できるパンが売っていないのなら自分で作って販売しよう、そう強く思ったのがきっかけです。                                                                                         

◆豊洲に引っ越して暫くした頃、近所で出会った「ベルべ」というベーカリーに買い物に行った時の事。会社員の多忙に追われる中、ふと店内を見回すとそこには美味しいパンと共に幸せと笑顔の顧客を垣間見てなんて素敵な空間なんだと感動し震えました。それまでコンビニのパンだけを食べていた私にとって、パンに対する見方が変わるキッカケと成りました。                                                                                       

◆昨年を示す言葉は「北」が選ばれるなど、世界的にも不安定な一年であったが、平壌、東京都オリンピックがが続き安定と共に経済の上向きも期待できる。不景気を脱出しようと努める日本の今は、求人倍率はバブル期を上回り女性が活躍する時代である。共働きも増え世帯年収も増え、出費も15%程増えている。その様とは少し異なり、通信、保険、教育分野は大きく増加、反面主人のおこずかいは大きく減少。食費、外食は増加。このことからも女性が家計をコントロールしている事が表れていると思われる。                                                                                                 

◆「食」への関心が注目されるなかで、自身が知らないことも多いがやはり関心もあり、自身が食の世界に関わってみたいと思った。また、現在の会社勤めの環境であれば、開業のための勉強・準備が可能だと思ったから。                                                                       

◆小さい頃からお米よりパンが好きでしたが業界(仕事)として選んだキッカケは結婚し子供が出来た頃からでした、今では子供3人おりますが家族全員パンが好きで笑顔で美味しいパンを食べる子供の姿を見て「パン屋をやりたい!」「子供たちが笑顔で食べてくれるパンを自分で作りたい!」と思い始めました。                                                                                          

◆幼かった頃、時々しかパンが食べれず、その食べた時の嬉しかった記憶。パンへの憧れもあったかもしれませんが、ホームベーカリーが普及しパンを身近に作れることに気づきました。通信講座でパンを作り始め、趣味で夢中に作っていましたが、いつしか、今の仕事退職後は、パン屋さんを開きたいと思っていました。退職後も、本当にできるの?という気持ちから払拭できずにいましたが、リライブを知り決心をして入校し今現在勉強しています。                                                                                      

◆2年前、両親が山形の標高600mの蔵王に引っ越しました。そこの地下100mから汲み上げた水で作ったパンを食べたら、今まで食べてきたパンの中で1番美味しく感じました。ここの土地でパン屋を開業したら絶対に美味しいパンを作ることができると思いました。更に、標高600mという土地のため、過疎化が進んでいることから、万人に親しまれるパン屋を開くことで、少しでも多くの人たちを呼び込み、地域の活性化に役に立ちたいと思ったのがキカッケです。                                                                                             

◆”食については全般的に作ることが大好きです。高校生の頃よりケーキを作り、パンも本を見ながら独学で作りはじめ、家族や友人に食べてもらい喜ばれています。

結婚して手伝うようになった夫の会社ですが8年前に縮小し、夫は昨年新しい会社を立ち上げ、好きな仕事をはじめました。結果、私が家業の不動産管理業を一任される形になってしまいました。その仕事もあと3年半で区切りがつきます。これを機に、私もやりたい事を仕事にしてこれからの人生を歩みたいと思うようになりました。”                                                                         

◆知り合いの農家が地産小麦で作った、うどんのおいしさに感動し、いつかその粉を使ったパンを焼き、地域の方はもとより遠方からも足を運んでいただける様なベーカリーを開業したいと思いました。また、自分のデザインの経験を活かし、まだ世の中に無い新しいパンのカタチ、そして新しい食べ方などを提案していきたいと考えました。                  

 

◆”私は、2年前妻の両親が山形蔵王に引っ越し、そこで作ったパンが今までの人生で一番美味しく、また現在の仕事も食に携わることから、その知識を生かしたいと思ったからです。

また、過疎化が進んでいることから、自分たちのパンを通して地域の活性化に役立ちたいと思ったのがキッカケです。”                                                                                          

◆現在、消費者の食に対する安全・衛生への要求が高まってきている。こうした中、「食の優れた衛生管理システム」として注目されているのが、HACCPである。導入によって、品質の良いものを生産し、お届けすることは「品質保証の競争に勝つ」ことになるので、今後拡大し、重要なポイントとなってきます。                                                                 

私は長年看護職として高齢者と関わる仕事(病院や施設、家庭訪問)をしてきた中、わたくしの母親もそうでしたが、食生活に関して朝食または昼食はパン食と答える方が比較的多い事に気づきました。在宅の高齢者は手軽に摂れるのがメリットの様子。しかし脚や視力など劣った体で気に入ったパン屋へは公共機関を使っていくことができないとお聞きし、宅配サービス等があったらいいのではないかと考えたのが開業理由です。                                                                                    

◆子供の頃、パンのある生活に憧れ、大人になり沢山のパン屋を巡りました。        どの店も美味しく、パンの焼ける香りが好きで、なぜかテンションが上がり、いつしか自分でもパンを作ってみたいと思うようになりました。                                              自分が作ったパンで、誰かが元気になってくれれば、という想いが開業を決心したきっかけです。                                                                                                                                  

◆”数年前からパン教室に通い始めてパンを作る楽しさ、幸せを知り、自分がパン作りが好きなことに気づきました。そして、いろいろなパンを焼くうちに、安心な国産小麦を使って旨味のある天然酵母のパンを焼きたい、人に食べてもらいたいと思うようになりました。

昨年パン好きの友人にホシノ天然酵母で作ったパンを試食してもらったところ「とても美味しい。普段から天然酵母のパンはよく買うけどおいしくないのもあるのよ。あなたのパンは相当レベルが高いと思う。うちの近くでパン屋さんをしてください。」と言われ、私にもパン屋さんができるかもしれないと思いました。”                                                            

 

◆幼い頃から母がパンを焼いていて、いつも自家製のパンを食べていました。一昨年、母が体調を崩してパンを焼けなくなってしまい、どうしても家で焼いたパンを食べたくて、自分で焼くようになりました。そのうちに、パン作りが楽しくなってきたことと、子どもも大きくなり次の身の振り方を考えたときに、パン屋を開業したいと思うようになりました。                                                                                                

◆”フランスへ旅行に行き、義理の兄の家にお世話になった際、近所のパン屋で買ってきたバゲットを食べた時の衝撃が忘れられず、日本に帰ってきてからはパン屋に行けばバゲットを買って食べていましたが、フランスで味わったようなバゲットには中々出会えず。

最近でこそ有名なパン屋などが増えてきて、本場っぽい美味しいパンを購入することは出来るようにはなってきましたが、まだまだ、その味を知らない人、わざわざ買いに行くことをしない・出来ない人も多いと思います。また、長年サラリーマンを続けてきましたが、いつかは自営したいという思いも強かったため、そういう消費者にスーパーやコンビニで買える流通パンでは味わえない美味しさ・満足感を与えられるような店舗を作りたいというのが、開業を決意したキッカケです。”   

 

2.パン屋さん開業の背景(パン屋さん開業に際する時代背景や市場ニーズ)   

◆”2025年には1/3は高齢者である。高齢になっても健康でいる為には食事にも気を付けなければならない。また、アレルギーの人も昔に比べると多くなってきている。健康志向を踏まえ、食材にもこだわりが必要になってきた。

 

◆少子高齢化が進み、20年後には「人生100年」時代が到来する。政府は「人生委100年時代構想会議」を立ち上げ、新しい社会の仕組みづくりに向けた基礎を築く。自店の地域は約40年前に開発された住宅街であり老人が増えつつある。主婦は介護、子育て~孫の面倒、パートで各家庭を支えている。子供や老人には好まれるパンを、主婦にはゆとりを生み出す時間とセンスある空間を提供する。                                                                                

 

“例年高齢化が進み、高齢者人口が増加しています。外出することが大変になり遠出をすることが不便になると引きこもりがちになり外部との接触も減ってきます。最近はスーパーでもお届けサービス等を行う店舗もありますが、顔を合わせることのできる環境は地元ならではのお店に必要だと考えています。”                                             

 

◆現在はベーカリーが、スーパーの中や、ショピングセンターとなると必ず1件はあり、個人店を営むには、良い状況ではないが、個人店でやりぬいているところも、多くある。ベーカリーもこれからは、廃業も多くでてくるのではと感じる。ただし、おいしいと思うパンを作ることができれば。開業して経営できていくと思う。                                                   

 

◆最近長野もパン屋さんをはじめとして様々なお店が増えている。一体、長野県のパン屋さんは何店舗あるか?また、食文化が進んでいる中で世間の人は、いつパンをどこで食べるか?よく食べている世代は?自分がお店を出したい長野は、何パンが出るのか?調べてみると、男女ともに年代が高い人がほぼ毎日自宅でパンを食べている人の割合が多く、長野市では、調理パンが好きという結果になったため、毎日食べても飽きないパンを作ったり、調理パンなどにも力を入れて行きたいと思う。                                                          

 

◆最近の外国産小麦の価格等を考慮し価格が安くなった安心安全な国産の小麦の割合を多くし他店との差別化を踏まえ商品開発を進めたい。                                                                   

 

◆現代は病気やアレルギーの有無に関わらず、ダイエットや健康のために糖質や脂肪分の制限をしている人が多く、尚且つビジュアルの良い食べ物の需要も高まっています。そういったニーズに合うアイテムを考案していこうと思っています。                                       

◆美味しいものを食べる事は生活を豊かにするもっとも大事な要素だと思います。だれでも気軽に買えるパンを通して、周囲の人たちの生活を少しでも豊かにして行きたいと思います。将来は地域になくてはならいお店になる事を目指しています。”                              

◆現在は少子高齢化の進行、婚姻数の減少、単身者の増加が見受けられる。雇用形態、所得、世帯構成、結婚・子どもの有無などライフスタイルが変化しているのに伴い、小売業ビジネスも変化してきている。近年では専門店の増加、コンビニエンスストアの多様化など、「量」より「質」を求める消費者が増えてきていることが分かる。専門性に特化したものや単身者や高齢者の利便性に焦点を当て、短時間でも満足できる、利用したくなる店舗展開をしたいと考えています。消費者のニーズに応えられる事業展開は消費者ニーズが拡大されるに違いありません。                              

◆食の簡便化による栄養不足や健康意識の高まりにより、幅広い人にとって、日常的に食べる食を通して、たくさんの栄養をバランスよく摂りたいというニーズが拡大している。また、少数世帯の増加による食の孤食化や時短意識の高まりにより、日々の食事を簡便にしたいというニーズが拡大している。子どもからお年寄りまで幅広い人が日常的に食べるパンで、「いつもの食事で手軽にたくさんの栄養がバランスよく摂れる」という価値を提供する。                                                                                                

“◆健康に気遣うお母さんとその家族のために、毎日飽きずにおいしく、手軽な栄養提案

“最近よく『保護猫』と言う言葉が聞かれるようになりました。

 

◆私の家にも保護猫が2匹います。これ以上は引き取ることができないので、猫に関連した商品を販売して、その売り上げを保護猫の費用に出来たらと思っています。

 

◆商品の横に保護猫についての説明や売り上げが費用になることを書いて、もっと多くの方に保護猫について知って頂けたらと思っています。

”                                                                                                

◆商いの市場に関しては、不況と称される時代ではあっても、常に新たな市場が生まれ、あるいは生み出され、昨今の外国人観光客向けのビジネスなど拡大している市場も存在し、まだ飽和状態とは言えないと考えます。しかしながら一方で、労働力不足の問題や、働き方改革が提唱される中で、働く側の負担は減っているとは言い難い。常に日々忙しくしている現代の働き人が少しでも『食』を手軽に摂りたいというニーズ、また忙しい中で、『食』自体を日々の楽しみの一つとする顧客ニーズは今後も拡大していくと考えています。 

 

◆私たちが生きていく上で「食べる」という行為は、必然です。現代は「飽食」の時代が長く続き、日本では廃棄食品などの問題が生まれるほど「過食」時代となっています。そして、過敏なほど「安全」「安心」を求めるようになりました。しかもただ単に「安心・安全」をうたうだけでは消費者は満足しませんし、購入意欲もわきません。ゆえに、これからはいかに「食べる」という、生きていく行為を「より信頼のある安全・安心な材料」(地産・地消)で提案していくかが注目されます。                                                                                          

◆時代は平行して「少子化」です。「食」の情報が蔓延し、子育てをする親にとって何をもって「安心・安全」の商品を選んで良いか戸惑うときもあります。また、近年では「食育」の概念が定着してきました。子供から大人まで「食べる」ことが健康をはじめ子供の発達に大きく作用することが認知されるようになりました。そこで自店ではまず全商品「天然酵母」でパンをつくります。そしてこの親しみやすい「パン」を通じて地域の「食育」活動に参加、提案できる、さらに子育て世代を支える「活動するパン屋さん」を開業したいと思います。                                                                                        

 

◆”地方の食材を使用して、地方に貢献をする。安心・安全でおいしいものを提供したいので、地方の高品質の材料は積極的に使っていきたい。例えば、産地に貢献するために選んだ小麦を使用するのであれば、パン屋は特に毎日使用するものとなるわけなので、意識せずとも提供し、消費者も無理なく提供できる。よく来てくれる近くのお客さんと共に活動できるので、地域の活性化もあわせて出来ると思う。

 

◆安心・安全を謳うお店はおそらく数多くあり、それだけでは個性も出ず消費者の心には届かないかもしれない。トレンドに乗っかり、自店だけの活動ではなく、消費者と一緒に貢献しようという思いで活動していく。”                                                                                            

◆”現在は超高齢化社会といわれています。昔に比べるとどこに行っても高齢者を多く見かけるようになりました。私と同じように、パンは大好きだけどたくさんの量食べられない、また一個の菓子パンを大きすぎると感じている人はたくさんいるのではないかと思います。そういう人たちに、スモールサイズのパンや少量の食パン、スモールサイズの少量でも買えるスィーツを販売し、潜在的なニーズを取り込みたいと思います。また、大震災などの避難所で救援物資としてパンが届けられた時の被災者の笑顔をニュースで見るたびに、パンにはごはんにはない特別な力がありそれが被災者の笑顔につながっているような気がしていていました。パンにはただ空腹を満たすだけの食べ物ではない、特別な魅力があると思います。

日本人のパン食の割合は、今も右肩上がりだと聞いております。いくら不景気になっても、人は食事をしない日はありません。主食やおやつとしてのパンのニーズはまだまだ増えると思っています。”                                                               

 

◆女性の活躍する時代だからこそ、多忙な女性が一息つけるような空間を提供したいと考えます。パンは調理もいらず、どこでも食べられ、子供から大人までに愛される商品。パンをただ提供するだけではなく、多忙な女性に日常を少しだけ離れ、トキメキとワクワクする時間と空間を提供したい。                                                                        

 

◆食への関心が高まり、食品に関わる仕事をしていない人でも、安全な食品、危険な食品に詳しい人が多く、見極めをする消費者が増えている。小さい子を持つ親たちも、金額がかかっても、こどもの体にとってよいものを食べさせたいと思う人も多い。                                                                                               

 

◆現在も働いている居酒屋業態に将来性が見えなくなったのが率直なキッカケ、少子高齢化、若者の酒離れで居酒屋業態(店舗)は増え続ける一方利用者は確実に減っていく、その反面パン屋は価格帯こそ安いが老若男女、年齢関係なく消費者は多い、コンビニパンや後継者不足で昔ながらのパン屋もなくなりつつあるが地域の人に愛される子供達が笑顔でパンを選ぶ、買いに来る、安心して食べる、その場所(地域)に無くてはならないパン屋さんを作りたい。                                                                                                 

◆今では、日本ではコメ離れ現象で、「パン代」が「コメ代」を上回ってきたことになります。その中でも以前は大手メーカーのパン製造業が主流でしたが、製造設備を持ったフレッシュベーカリーへの消費者志向は強くなっています。ベーカリー店でそのまま食べれるお店も多くなっています。豊かになったこの時代に消費者が求めるものは何か?大量生産されたものより、美味しいことは当然として、安心で、安全な、そして、体にいいものを追求したパン作りをめざして提供していきます。                                                                                       

◆現在、消費者の食品に対する安全・衛生への要求が高まってきています。こうした中、「食の優れた衛生管理システム」として注目されているのが、HACCPです。導入によって、品質の良いものを生産し、お届けすることは「品質保証の競争に勝つ」ことになりますので、今後拡大し、重要なポイントとなってきます。                                                                                      

◆”そんな時代だからこそ、自店においても食材の使用ルールと期限を守り、更に衛生管理を徹底し、安心安全だと断言できる素材だけを使用します。働く子育てママなどの、頑張る女性やその家族の健康、子育てサポートのための天然酵母と安心安全な食材を使用した「パン屋」を開業したいと考えております。”                  

 

◆パン業界を見ると、売り上げの大半を山崎製パンなどのパンメーカーが占めている状況です。一方パン屋の数を見ると、リテールベーカリーが9割以上を占めています。手間ひまをかけパンの技術や味をリードしているという事です。大量生産のパンよりも手作り志向の消費者は確実に存在する。これを励みに「街のパン屋さん」を目指す者として、他店とは違う何かを武器に、心地よい接客をモットーに地元に愛される店を作ろうと思います。                                                                                        

◆”産地偽装や廃棄物の流通など毎年の様に食の安全を脅かすニュースが飛び交う中で、地産地消への意識も高まっており、信頼できる生産者から鮮度の良い生産物を安く購入できる産直市場は、どこも活気を見せています。

また、今後はTPP合意により海外からの輸入品が増加することが見込まれる為、安全への意識が高い消費者による地産品への関心は一層高まると思われます。”                                                                                                

 

◆そのような時代だからこそ、減農薬で地産池消の野菜を使用し、衛生管理を徹底した、商品を常に提供し、営業時間や焼き立て時間を掲示したり、宅配サービスを行い、利便性のある店作りをし、家族の健康を守り、子供たちの成長の手助けとなる「安心安全なパン屋」を考えております。                                                                                                 

◆高齢者の割合は2012年では若者2.4人に対し高齢者1人を支え、2050年には1.2人の若者が1人の高齢者を支える事が予想されています。独居や高齢者世帯も増えているなか、朝食は近くの大型コーヒーチェーン店で摂るという人や、昔の個人商店が今はコンビニに変わり、そこへ買い物に行く高齢者も増え、総菜や冷凍食品などを購入し、自宅でガス・火を極力使わない生活を送っている。雨や雪などで外出や買い物に行けなくとも、今やコンビニ・スーパーの食品宅配利用もできる。食品宅配は年々右肩上がり、2015年では1兆9021億円の市場となっていることから需要はあると見ている。                  

 

◆各種メディアで連日、様々なパン屋が取り上げられ、町のパン屋さんから大手チェーン店まで、生活の中にパンがあることが当たり前となっています。食に関しては、使用する素材は国内産、生産者が明確になっている等、金額は高くても安心を求める傾向にもあります。また、いつの時代も健康やダイエットについては女性にとって大きな関心事の一つで、尽きることがなく、ニーズは確実にあると確信しております。

 

◆現在、「中長期的にはパン市場は縮小傾向に向かう」と言われており、ベーカリーの新規出店数は減少し廃業する既存店もある状況ですが、一方で小麦ブランやライ麦、雑穀類などを使用したバラエティブレッドの強化等の商品カテゴリー政策が奏功した量販店がシェアを伸ばしており、健康志向に合った商品構成によってチャンスがあると思われます。      

 

◆幼い子供を育てているときに、いつも手軽に食べられて、安全で、栄養があるものがないかと考えていました。そこで、いつも利用するのは、パン屋のパンでした。しかし、近所にそのような条件の整ったパン屋は見当たらないので、遠くにわざわざ買いに行ったり、別のものを購入したりしていました。                                                                                      

なので、子育てをしているお母さんにとって、近所に、安心して手軽に利用できて、栄養のあるパンを売っているパン屋があると便利だと思います。そうすることによって、少しでも子育てに精神的にも肉体的にも余裕ができると良いです。                                                                                     

◆”女性の社会進出や待機児童など話題になっているように、仕事をする母親が増えており、今後もそのトレンドは変わら。ないと思われる。仕事と育児を両立するため、家事に充てる時間は限られ、家庭内の食事を全て手作りすることは困難であるが、経済面・健康面から外食を続けることは避ける傾向にあり、結果、中食が増えると考える。

とは言え、スーパーなどで売っている流通パンでは、オシャレ・高級・本場っぽいパンを食べたいというニーズに応えられず、都内の有名パン店に行けば手に入るのは知っているが、行く時間は無い というジレンマを解消できるような地元密着型の店舗を作りたい”

 

 

3.パン屋さん開業のミッション(世の中に必要とされるような存在意義やミッション)

◆高齢になっても飽きのこないパンを提供する事とアレルギーでも食べられるパンを提供する事。”イートインのパン屋さんを一年目で売り上げ1500万円、3年目までに3000万円までUpさせる。借入金がなくなったら、カフェをメインにした2店舗目を立ち上げたい。

 

◆地域の中心は、老人から子供までの世話をしながら、パート、サークル活動などで大忙しの主婦である。彼女と家族のために、安全でおいしいパンを届けるだけでなく、店を通じて情報発信、交流する場を提供する。                                                                                         

◆”開業5年でスタッフ5名(近隣からパート採用)、年商5000万円規模にする。その為、自店をプラットフォームにし駅前に小規模店を開く。地域で接客サービスとコミュニケーションが一番の店を目指す。”                           

 

◆そのような時代だからこそ、近所にあり気軽に通うことのできる「街のパン屋さん」を目指し、顔を合わせて高齢者の安否確認ができたり、子育てで疲れているママさん達の憩いの場として癒しのパン屋を目指していきたいと思っています。                                         

◆世の中に必要とされるパン、おいしいから、わざわざ買いに来たという。パンを1種で、いいから作り、このパンをたべられて幸せだなあ、また、買いに行こうと思うパンを作り、パンの美味しさを広げ、マーケットを拡大することである。                                                 

◆多くの人が来れるお店にしたく、今後高齢化が進んでいく中で、車椅子での買いものは大変で、行かれるお店も決まってしまう。車椅子の人でもベビーカーを押したお母さんでも子供でも自由に手に取り選んでもらえるように通路を広く、パン棚は低めに段差をなくした店にしたい。                                                                                        

 

◆アクティブで元気な中高年のおばさん達に自店のパンを食べる事でもっと元気になってもらいたい

 

◆地域密着型の小規模店にすることで、お客様一人一人に寄り添えるような場所にしたいと考えています。今、何が必要とされているのかを肌で感じながら一緒に成長していけるパン屋でありたいです。

◆開店から5年後には近所の方はもちろん、少し離れた地域の方からも求められるパン屋さんになりたいです。                                                      

◆”食の安全、環境配慮への関心の高まりから、生産者の顔が見える安全な食材を、運送エネルギーが少なくて済む生産地の近くで、ビニルハウスなどの暖房費用が少ない気候、季節に合った旬な状態で食べる事が重要視されるようになってきていると思います。このニーズを受けて、農業、酪農の盛んな地方の郊外でパン屋を開業し、この考え方を実践したいと思います。”                        

 

◆”「生活を豊かにする安全で美味しいパンを提供する」をミッションとして、具体的に以下を実践したいと思います。

①季節の旬の食材を取り込み、季節感のあるメニューを提供する。②朝食に焼き立てのパンを提供できるように早朝開店する。③生産者の顔が見える地元の食材を使う。④安心につながる「作り手の見えるパン屋」を実現する。⑤パンのある楽しい食卓の全体イメージを提供する。”                                          

 

◆「質重視」そんな時代だからこそ、慌ただしい毎日、仕事で疲れている日々の中に人々のプライベートの質の向上を自店では目指しています。毎日頑張る「働くキャリアウーマン・サラリーマン」の為に、「体が喜ぶヘルシーでおいしいパンと癒しの+αな空間」を提供し、心も体もほっとほぐれるような疲れがリセットできるようなベーカリーカフェを開業したいと考えております。                                                                                        

◆開店後、5年後を目途に「市で一番おいしいパン屋さん、居心地が良いおしゃれなベーカリーカフェ」と評価されるような店舗を目指します。パンを夕食の食卓に、パンをそれだけで食事に、パンでしっかり栄養を(パンを手軽な栄養食品にする)”今の時代、忙しいからと言って適当な食事をしたりサプリなどで栄養を補っている人が多くいるかと思います。そんな人達に、1食で1日分の栄養は補えませんが、1食で少しでも多くの栄養を取って頂けるような野菜を多く使用した物やカルシウムが多い食材が入った物など、手軽に美味しく食べられる物を提供できるベーカリーを開業したいと考えています。”                 

◆労働人口の中で、数年前から働く女性が注目され、『仕事』や『子育て』がフォーカスされても、毎日の慌ただしい家での家事はなかなか改善されない。日々忙しく、自分の為の時間を削ってしまう女性たちの為に、美味しく、新鮮で、手軽なパンを提供し、毎日の日常を手助けするとともに、つかの間の休日のゆったりとした食事シーンにおいて、誰かの為ではなく、自分の為に、自分が食べたくなる魅力的な商品と、温かいおもてなしの心でお迎えしたいと考えています。                                                                                                 

◆開店10年後くらいに、『千葉(仮)で美味しいパン屋』で検索した際に、1番にヒットするような店づくりをしていきたい。具体的には、開店1年後には日商18万、年商5400万を目指し、3年後には日商20万、年商6000万を目標。初期投資を回収、または回収の目途が立ち次第、、5~8年後に店舗拡大か2号店の出店を視野に実現できるよう、計画的に運営していきます。                                                                                          

 

◆開業5年後には「嫌いなタマネギや人参がたべられるようになったよ」「あそこの総菜パンで好き嫌いがなくなったよ」と子供、親から評判になるパン屋さんを目指します。初年度は年商1,100万円、平均日販4.5万円。毎年、前年比をクリアし、5年後は提携農家との「食育」教室の開催に一部利益を還元することを目標とします。                    

 

◆・子供がいる家庭の安心・安全な食事のため。子育てに忙しい主婦の食事の手助けのため。子供の朝ごはんやおやつのため”                                                                                          

 

◆”・地域で一番リピーターが多い店と言われるお店。・素材にこだわっている”

 

◆”年配者やダイエットを気にしている女性や小さい子供のために、スモールサイズの素材にこだわったパンを提供したいと思っております。また、少量でも買える食パンやスィーツや焼き菓子も提供したいと思っています。少量でもおいしいものが食べたい、そんな気持ちに応えたいと思っています。また小さい子供が喜ぶようなキャラクターパンをつくり、パンの楽しさを次世代の子供たちにも伝えていきたいです。

”                                                                                                

◆”開店後3年をめどに、すべてのパンが売り切れになるパン屋を目指したい。看板パン3種類ぐらいは、よく売れるパンとして人気がある状態にしたい。最初の1年間で、「市内一の南仏だね」と地域住民に言っていただける様なお店を目指しま

す。2号店を千葉エリアに設立したいと考えます。

 

◆今の時代だからこそ、自身が安心安全だといえる食材を使い、衛生管理を徹底し、またお客様一人一人を大切にした接客を心がけることで、家族に安心して食べさせられるパンだと知ってもらう。                                                                                    

◆3年後には「●●市のパン屋」(●●市でパン屋といえば)と言われるような店舗を目指し、その頃には自身の年収が240万になることを目標にする。  

 

◆今の時代だからこそ子供からお年寄りまで毎日、笑顔で利用して頂ける安心、安全でその地域、場所にはなくてはならない皆様に愛されるリテールベーカリーを開業したいと考えております。                                                               

 

◆そのような時代だからこそ、自店において近隣で暮らす住民の方々に、より健康で安心な豊かな生活を過ごしていただくためにも、素材や材料にこだわりを持ったパン屋をめざしたいと考えていす。                                                                                       

◆5年後には、湯河原でも「住民人気のパン屋さん」の3店舗と評価されるような店舗を目指します。着実な成長を目指して3年後以降、安定してきた中で、知的障害者の就労を受け入れていきます(1~2名)                

 

◆開店3年後を目途に「減農薬の野菜や食材、天然酵母を使用した、子供たちにとって安心安全なパン屋として、子育てママたちが一番買いに来る店」を目指します。山形市街地にある祖父の家を冬期専用店舗として運営します。5年後には、宅配サービスを開始いたします。                              

 

◆いつの時代でも生活を支えていくのは女性の力です。子育てする女性、仕事をする女性、さらに子育てしながら働く女性、「すべての働く女性の健康的な生活を応援する」そんな街のパン屋さんになりたいと思います。                                                                                          

◆地産(主に宮城県内産)の食材を多く取り入れ、地域の方には地元の旬のおいしさを再認識していただき、また遠方から来られるお客様には宮城県産のおいしさを発見していただける。その様な「地域のおいしさ発信型ベーカリー」を目指していきたいです。その為に、他店には無いユニークな商品開発にも力を入れ、より多くの方々に足を運んでいただけるベーカリーとしたいです。6年目に拡張移転を見据えて店舗運営をしていきたいと考えております。

 

◆開店5年後には「行列のできる町のベーカリー」を目指します。”                                  

 

◆店舗より半径2キロでの宅配。高齢で自由に出歩けなくても美味しいものを摂り生活に張りを持っていただくためや、お店で買い物をしていただくために店舗の床や商品陳列の棚などを工夫。商品に関しては一日に必要な栄養の1/3量が摂れる食パンや、シニア層に好まれるパンの生地感と味に、嚥下機能にも考慮した商品開発をし提供したいと考えております。                                                                                         

 

◆開店3年後には宅配10軒/1日となっている。常にその時の流行や社会・時代を読みながら店舗運営をしていきます。          

◆使用する材料は国内産にこだわり、生産者がみえる素材を使って、仕事や家事で忙しい女性が安心して食べていただける、また、食べても罪悪感のない、野菜をふんだんに使ったサンドイッチや総菜パンを提供できる、そんなパン屋を開業したいと考えております。                                                                                             

 

◆開店後3年を目処に、地域で「やっぱりパンを買うならあの店だね」と、評価され、少し遠い地域の方にも「あそこのパン屋に買いに行ってみようか」と思われる店舗を目指します。 8年後には、食パンの通販、カフェへや喫茶店への卸し専門の店舗を運営していきたい。                                          

 

◆自店においては美味しくて安心で健康に良いものを日々食べたいと思っているアクティブな主婦の為に、安心・安全な素材を使って丁寧に作った美味しい天然酵母のパンを提供し、パンを買いにいらっしゃったお客様が笑顔になるようなパン屋さんを開きたいと考えております。        

 

◆開店後5年後を目安に「戸田で最も子どもと子育て中のママが嬉しくなるようなパンを売っている店」を目指します。ま                             

“◆まずは自分が自信を持って「美味しい」と思える、健康的でオリジナリティのある商品提供を心がけます。お客様の声を大切にし、顧客ニーズに合わせて商品・メニュー構成も臨機応変に対応していきます。安心・安全・衛生面に気を使うこと、明るく・丁寧・スピーディーな接客は当然のこととし、ちょっと高級感があり、ちょっとオシャレなパンを作り、素材・製造上のこだわりや美味しい食べ方なども併せてお客様に表現・ご説明することで、お客様とのコミュニケーションを増やして、特にご近所さんにファン(頻度の高いリピータ)になっていただけるよう、いつでも気軽に入りやすい雰囲気の地元密着型の店舗を作ります。”                                                      

 

4.パン屋さんの開業のバリュー(自店のこだわりや行動指針を具体的な行動)

◆食材の産地、アレルギーを起こす食材の有無など自分が説明できる食材を提供する。また、高齢で購入に来れない方の為に配達も行う。                                              

 

◆”・安全な食材を使う・生産者、加工者が明確な食材(〇〇さんのレタス)・気持ちの良い接客を行う・笑顔で対応、明確な回答・わからないことは謝って後で必ず応える・センスの良い清潔な店内・開店前、閉店後、営業中の清掃、清潔なトイレ・できたてのパンを並べる”                                                                                         

 

◆”開業後5年後を目途に、「近所のおいしいパン屋さん」とリピーターが多い地元のパン屋を目指します。

支店は考えていませんが、収入に余裕が出てくるようであればアルバイトの雇用も視野に入れたいと思っています。”                                                                                            

◆”安心・安全なお店を目指し、アレルギー表示の義務、国産の材料にこだわりたいと思っています。小さなお子様からお年寄りまでどんな人にも食べやすいソフト系のパンを充実させる。またホテル業の経験を活かし、接客サービスにも手を抜かずにお客様に接するようにする。

 

◆定年後1年約4年後に開業できればよい。まだ、店舗イメージはわかないが。パンを売るところは、人通りの多い場所で、小規模なら売る場所だけ、近くでパンを作る場所を確保してもよいと考えている。理想は、イーストインできれば文句なし。                                                                       

◆食材は、信用のあるメーカー品を使用する。サンドイッチ等に使用する野菜は、〇〇県さんと表示。やわらかいパン、さくさくしておいしいパンを目指す。清潔な店舗。        

 

◆開店1年後、地元住民の方や車いすの方い「ここのパンが1番美味しいと言われ」「リピーターが多いパン屋」と言われるような店舗を目指します。地方からのリピーターも増やし、スタッフを1名増やしたい。                                                                         

◆・安心安全な素材を使用します・お客様の信頼を大切にします・店内を常にきれいな状態にします                                                                                             

◆”全ての商品にアレルギー表記をします。糖質量は高・中・低で表記。(無理な制限はしない)使用食材は完全に把握し、お客様に間違いの無いよう慎重に対応します。”                         

 

◆開業1年後:地域に密着した店舗を目指し、地域のニーズをしっかりつかみます。ネット販売はしません。開業3年後:生活を豊かにするアイディアのある店、素材の旨味を生かしている店と認知される事を目指します。”                                                                                                

◆”地元の旬な食材を取り込むメニューを工夫し、旬な食材を手に入れるルートを開拓します。食材の出自も表示します。

早朝開店できるようにパンの制作工程を工夫します。

 

◆作り手の見えるパン屋を実現する為に、作り手が販売も手掛けます。キッチンからでも来客が分かるようにコンパクトなオープンキッチンの店舗をデザインします。パンに合った料理、食材、ワイン等、パンを含んだ食事全体のイメージをビジュアルに提供します。” 

 

◆自店では国産小麦を使用、食材は知人が作っている無農薬野菜を仕入れ、無添加、出所のわかり信頼できる食材を使用する。アレルギー表示も行い、消費者が安心して購入できるようにする。最高の商品と空間を提供したいので、それぞれのパンが一番おいしいタイミングや状態、おいしい食べ方を研究し提供します。また、自店では笑顔・元気・丁寧な接客を心がけ、毎朝笑顔と礼の練習と発声練習を行います。気配りの面から、常にお客様の微妙な変化に気づきたいので、自然に目を配れるよう日々の生活を練習とし、ドリンクチェックなどの訓練をします。                                                                                                

◆10年後岡山市の●●地域(出店地域)のパン屋さんというと、多くの人が認知してくれ、すべての人が自店を思い浮かべてくれる。”①「パンへのこだわり」自分や自分の家族も毎日食べる安心、飽きのこない味、栄養が豊富でバランスもよいパンを手に取りやすい価格で定常する②「接客へのこだわり」地域に密着し、根付き愛される存在であり、近所の皆さんへの感謝を忘れず、本当に感謝して相手を見てありがとうという③「製造へのこだわり」1個1個のパンを食べてくれるお客さんの顔を思い浮かべながら作り、焼き立てのパンを提供する”                                                                              

 

◆”開店後5年後には『地元では有名な美味しいベーカリー』と評価されるような店舗を目指します。子供からお年寄りまで地元のいろいろな人が利用してくれるような店舗にします。

 

◆”食材は国産の物を使用します。産地がしっかりと分かるものを使用して、作る側・食べる側の両方が安心出来るようにする。また、商品説明のポップなどに使用している食材がどのように体に良いのか?などの説明も付けて分かりやすくしたいです。

 

◆”①まず、オーナー自身が美味しい、食べたいと自信を持てる商品のみを提供する。毎日日替わりで、店長のイチオシPOPなどでアピール、お客様の人気や声も、日々売場に反映させた演出を行います。②またボリュームを売りにする為、フィリングやトッピングは可能な限り店内仕込みにこだわり、近隣スーパーやCVSパンに比べ3~5割増での商品づくりを行っていきます。③日常遣いのベーシックなパンの品揃えと容量分解を行い、小容量、ばら売り、量り売りを推奨、ご予約営業などにも積極的に取り組み、常に食卓に新鮮なパンの提供を行います。④温かく元気なおもてなし接客を当たり前に出来るよう、オーナー自ら従業員とのコミニュケーションを積極的にはかるとともに、妥協しない接客教育、指導を行います。”  

全商品「天然酵母」「自家製天然酵母」でつくります。小麦粉は国産をメインに輸入小麦を使用の場合はメーカーに必要な情報の提示を求めます。使用食材は、産地、製造日を常に明確に記録しておきます。アレルギー表示については、コンタミネーションの疑念もあるので、出来る限り詳細に記載します。(店舗内製造材料・食材一覧)。「旬」を意識したメニュー開発と季節感を商品に生かして日本の「食文化」の記憶を「食育」として提案していきます。                                                                                                

◆”・材料にこだわり、どこのものかを表示する・日常で利用してほしいので、高すぎない値段設定をする・地元密着型なので、ほっとできる接客対応を大事にする(笑顔、会話)”。スモールサイズの見た目もきれいなパンを店に並べます。素材にこだわり、例えば北海道産小麦100パーセントの商品を作り、天然酵母のパンを作り、あんこから手作りのあんぱんを作ります。また国産にこだわらず、例えばクロワッサンに適したフランス産小麦を仕入れるなどして、パンに合わせて材料をきめておいしさを追求します。それらの素材をわかりやすく表示します。またパンと一緒にこだわりのスモールサイズのスィーツも販売します。そして山手線沿線なのに下町風な巣鴨にふさわしい、一流ホテル並みのどこか近寄りがたいサービスよりも、親しみやすい暖かいサービスを目指します。

 

◆”一歩店内に踏み入れるとそこは街角の南仏。日頃の多忙から解放されトキメキとワクワク感を提供する。その為にも一貫性を持ち、その他要素を取り除く。南フランスを彷彿とさせるラタトゥイユやサラダニソワースなど現地料理を利用。フランスのイメージを持つ食材としてフランス製バターやゴルゴンゾーラチーズ、ワインをにて訴求。商品名にはコートダジュールやマルセイユなど南仏の地名を用いる。店内挨拶にはボンジュール、メルシー。レイアウトには赤いチェックのキャンバス、バスケット、ハンモック、など南仏でのピクニックをイメージ。BGMにはフランス地元ラジオ局Mfm、壁にはフランス修行時代のメンバーサイン入りのトリコロールコック帽、プロジェクターにてフランス映画や風景動画の再生。”                                                                           

◆食材はより減農薬のものを仕入れ、保存のための添加物をなるべく使わずに済む方法で対処する。また、アレルギー対策として、アレルギー食品を使わずに美味しいパンを作れるようにしたり、表示をきちんとすることで、誤って食べてしまうことのないようにする。また、焼き上がり時間をお知らせしたり、予約をとる、その他一人一人の話をよく聞き、笑顔で対応することを徹底する。                                                                                       

 

◆開店後から口コミで広がり来店されるお客様が徐々に増え、3年後には今人気、一押しのベーカリーとして雑誌で取り上げられるような店舗を目指します。また、10年後には店舗拡張やイートインスペースの設置などお客様がもっと利用しやすい店舗を運営して行きます。                                                                                                

 

◆国産小麦を使用し天然酵母、無添加、保存料ゼロにこだわりお客様が安心して購入していただけられる様自店のこだわりを明確にし示し、更にお客様が笑顔になって頂けるよう丁寧かつ笑顔を絶やさない接客サービスにこだわり店舗運営を行います。      

 

◆中高年層の多い自店の地域住民ですが、健康に配慮した身体にいいものを素材にした調理パンやブレンドぱんなど取り入れていきます。また、利用客が居心地の良い、ほっとできるような笑顔の接待で、地域住民に愛される店舗運営に心掛けていきます。                          

 

◆食材は自家栽培と、現地の減農薬野菜栽培をしている農家の方から仕入れ、産地や生産者が明確な素材、原料を使用します。安全面では、リライブフードアカデミーや、前職で学んだ衛生管理の知識を生かし、徹底していきます。また、前職のチェーン店で学んだ接客訓練を取り入れ、毎日欠かさず朝礼で行い、お客様を大切にした丁寧な接客サービスを行います。そして、焼き立て時間をボードやHPに表示することで、焼き立てが手に入り、また来たい、いつも利用したいと思う店舗運営を行います。                                                                                              

 

◆開店5年後を目標に、「あのパン屋さんの〇〇が好き」と言われる地元で有名な店をめざします。コンスタントに売上をキープしながら、無理せず自店の継続ができればよいと考えています。”                                                

◆”当店は安心・安全な素材にこだわり、無添加でおいしいパンを作ります。そのために、アレルギー表示を明確にします。

お客様の要望には、できる限りおこたえしていきます。笑顔と丁寧な接客を心がけ、気持ちよくお買い上げいただける店にします。”これまでの農業体験型イベントで知り合った多くの生産者の方や農家の知人から市場に出回らない様な規格外品を直接安価で仕入れ、それらをパンの具材として使うのはもちろん店頭でも販売し、より地産型ベーカリーとしての認知度を高めていきたいと思います。また、そうした食材を活かせる新しいパンの開発にも力を注いでいきます。その為には、自家栽培や減農薬の農家から食材を仕入れ、出所の分かる原料を使用する。安全面では、リライブフードアカデミーと前職で学んだ衛生管理の知識を生かし、徹底していく。また、チェーン店で学んだ接客訓練を取り入れ、毎朝必ず練習を行って、お客様最優先の精神にもとづいたサービスを行う。そして、営業時間、焼き立て時間を、ボードやHPに表示することで、また来たい、いつも利用したいと思う店舗運営を行います。”                       

 

◆食材は国産。海外の物を使用する場合は安心・安全な出所がはっきりと分かる物を使う。野菜や卵・牛乳などは多摩地区の物を中心に使用。高齢者の栄養に関しては栄養士の知人に協力してもらい商品開発する。嚥下機能に関しても知人の看護師・歯科医や内科医に意見を聞きながら商品開発を予定しております。スタッフの接客スキル等はサービス業経験者が多いとは言え、これまでの施設管理者経験から月一回の面談や月例会議などを行い、接客サービスの向上を常に図っていく予定です。                                                                 

 

◆減農薬野菜を栽培している農家から仕入れ、贅沢ではないが、出所がはっきりしている素材を使用する。また、焼き立て、作り立てにこだわり、商品ごとの出来上がり時間を表示して、お客様の来店時間の参考にしていただく。店舗内を清潔に保つため、日々の清掃はもとより、定期的に清掃の時間を設け、お客様に不快感を与えない店舗、また、サービス面においても不愉快感を与えない店舗を運営していきます。             

 

◆開店5年後を目途に「地域で最も主婦に人気のある天然酵母のパン屋さん」と評価されるような店舗を目指します。              

◆原材料は国産小麦を始め国産、地元産のものにこだわり、出所の分かる安心安全な素材を使い、丁寧な天然酵母のパン作りを行います。すべてのパンの原材料を表示し、お客様に安心して召し上がっていただけるようにします。また、お客様に気持ち良くお買い物をしていただけるような店作り、丁寧な接客を行います。                                         

 

◆子どもが喜ぶようなキャラクターや形をかたどったパンを置いたり、授乳中のお母さんのために栄養があるパンを置いたりします。また、離乳食が始まった小さいお子さんのためには、素材の味をいかしたシンプルなパンを置きます。また、使用する材料においては、出所の分かるものを使用します。また、全ての方に丁寧に対応するのはもちろんですが、特に小さいお子さんを連れたお客様に親切な接客を心掛けます。            

 

◆5年後 地区で一番オシャレなパンを焼いている。 お客様との距離が近い。 楽しそうに働いている。・美味しい、ちょっと高級感があり、オシャレなパンを作る・単に商品を販売するだけでなく、商品のこだわりや、おいしく召し上がっていただくための提案もする。ご近所さんにファンになってもらえるような接客や店の雰囲気作りをする。2号店(ベーカリーカフェ形態)を出店

◆和光市にありながら、和光市っぽくない、都会の有名パン店のような雰囲気を作りつつ、グルメサイトで一切クレームが出ないような明るく・丁寧な接客をします。また、こだわり抜いた素材・製法で作ったフランスパンを看板商品に、参考店調査、お客様の声から、お客様のニーズに合った商品を作っていきます。また、頻度高くパンを焼き上げ、一番美味しい焼きたてのパンをお客様に提供します。

 

◆食材の産地、アレルギーを起こす食材の有無など自分が説明できる食材を提供する。また、高齢で購入に来られない方の為に配達も行う。                              

 

 

5.パン屋さん開業の裏づけ、根拠(これまでの経験や開業を決心した背景)

◆将来的に高齢者が多くなり健康志向が強くなる。購入に来られない方も多くなり配達する事で売り上げが上がる。また、訪日外国人も年々増加傾向にあり、日本の調理パンやあんぱん、カレーパンをもっと知ってもらいたいので開業を決意しました。                                                                                                                                                                                              

◆”趣味として家庭でのパン作りから、プロとしての製パンづくりへの意識の変革と技術の習得をリライブで学ぶ。自宅を改修して開業を目指し、退職金と融資獲得により開業資金を準備する。”                                                           

”                                                                                                

◆社会人になってから8年間ホテルサービスを経験してきました。お客様の事を第一に考えどうしたら良いかを常に頭に置いてきました。その中で5年程パンとケーキの販売も経験し、パンの知識を自分なりに学びお客様に対しておいしいパンの食べ方や情報を提供してきました。今後は自分がパンを作る立場となり、パンを売るだけでなく作ることの楽しさも身についたのでこれらの経験を活かし自分なりのサービスが提供できるオリジナルのパン屋を開きたいと思いました。                                                                                                                                                            

◆リライブで製パンの基礎を学んだあとは、少しどのようなパンを売りにするか、試しづくりをできる場所を設けて、とことん気に入るパンを研究しみて、そのあとに、またこの学校でスキルを磨いて、開業に結びつけようと思う。一味違うパンを1つ、売りのパンを作る。

 

◆車いすの方が通りやすいようにバリアフリーにする。お越しに来られた方がのんびり落ち着いてパンを選べるように丁寧な接客をする。誰が来ても、買いたい、食べたいと思えるパンを提共する。子供も選んで買えるように個包装にする。                                                                                     

◆パンの知識・技術をリライブで学びました。他でのスキルも少しあり、現場研修での経験も積み、ある程度の自信がつき、開業資金の目途も立ち、言い物件も見つかり開業を決意しました。                                                                                          

◆私はこれまで30年間国民の生命を守って来ました。定年を機に地元の人に安心安全に生活してもらいたいたいと思い、またパンを食べる事で笑顔溢れる生活してもらいたいと思いました。パン作りは素人でしたが、リライブフードアカデミーというパンの専門機関で学び、そこの直営店舗のパン屋で約600時間以上の研修を行い、パンに関する技術や知識、経営に関するノウハウを身につけることが出来たと自負しております。この都度、開業資金の目途もつき開業を決意いたしました。                           

◆”私は栄養大学に通っていたため糖質量等の簡単な計算などは行うことが出来ます。また、様々な経験を通じて食の大切さも実感しております。経営に関しては学んでいる途中ですが現在勉強中です。資金の目処はついており、親族や子どもの理解・協力も得ることができたのでこの度開業を決意いたしました。”                                                                                                                                                             

◆私はこれまでものづくりの仕事に35年従事しておりました。また製パンの技術や知識をリライブフードアカデミーという専門機関で学び、そこの直営店舗のベーカリーで約590時間以上の研修を行い、ベーカリーの開業に関する製パン、接客などのスキルや、経営に関するノウハウを身につけることが出来たと自負しております。この度、開業資金の目途もつき、良い物件も見つかったので、開業を決意いたしました。

 

◆私はこれまで地域密着型の調剤薬局で、患者様の心に寄り添えるような医療事務として7年間従事しておりました。また、製パンの技術や知識をリライブフードアカデミーという専門機関で学び、経営も専攻し経営ノウハウも身につけることができました。その後、更なるスキルアップのため栄養学の資格を取得し、コーヒーやアルコールについても勉強しつつ、ベーカリー、カフェ、イタリアンレストランで修行し実践力も身につけ調理や接客のスキルを身につけることができたと自負しております。この度、開業資金の目途もつき、良い物件も見つかったので開業を決意致しました。                                                                 

 

◆食に興味を持った私は、多くの人に食を通して健康や楽しみを提供したいと感じ、食品メーカーで、商品の企画、開発、研究の仕事に携わってきていた。大手の食品メーカーで、多くの食品の開発を行うことができ、学ぶことが多かったが、会社の利益や事業環境を第一に考える必要があり、大量生産が必要であるため、ひとりひとりのお客様のニーズに応えることが難しかった。また、社内で多くの人を説得していくにあたり、自分の提案したアイデアが丸くなり、自分のアイデアを生かした独自性の高い商品の開発が難しい場面が多くあった。そこで、小さい子どもからお年寄りまで日常、手軽に食べるパンで、健康、栄養を提供するべく、それだけで食になったり、食事のひとつとなり毎日飽きずに食べられ食生活に入る込むことができるパンを多く取り扱うパン屋さんを開業する決意をしました。

 

◆”私は栄養士・調理師として10年以上多くの方にお食事を提供して、『美味しかった』という言葉を頂いてきました。

パン作りの技術・知識、経営に関するノウハウなどをリライブアカデミーという専門機関で多くのことを学びました。

この度、開業資金の目途がつき、店舗となる祖母の家の改築の話も纏まったので、開業を決意致しました。

 

◆私は、学生時代のアルバイトを含め20年近く『販売』や『食品』の現場に一番近いところで経験を積み、店舗運営のマネジメントや人材教育・育成に実務レベルで携わってきました。小売業の範囲内ではありますが、新店オープニングや不採算店舗の数値改善、黒字化なども経験し、一定の経営スキルはあると自負しております。製造技術に関しては、リライブフードアカデミーという専門機関で製パンを中心に学び、その通学の傍ら、実際に大手チェーンの現場で販売、接客のオペレーションを身に付けてきました。実際に技術だけでなく、衛生面や昨今のトレンド、食品知識を身に付け、製造の経験のある協力者も得ることが出来ました。詳細な資金計画、物件の目途もついたため、開業を決意致しました。                                                                                                                  

◆飲食業の営業に必要な「食品衛生」の知識、「調理」技術を専門学校にて習得。卒業後は、飲食店にて調理業務に携わり、同時に百貨店との商品取引も経験(原材料表記、各種提出書類の作成等)し、厳しい基準も学びました。パンの製造については、より専門知識・技術が習得できるリライブフードアカデミーにて習得。飲食店に特化した経営学についての知識も同時にリライブフードアカデミーにて習得し、その開業計画に基づいて現在開業できる準備が整った次第です。                                                                                             

◆リライブフードアカデミーという専門機関で知識や技術を身につけ自信がつき、また開業資金の目途もついたので、開業を決意いたしました。    

 

◆私はこれまで機械業界で役員として経営に携わってきましたが、リライブフードアカデミーという専門機関で実技を3年学び、新たな商品も多数開発できましたので、今まで培った経営力を活かしながらの開業に踏み切ることにいたしました。

 

 

◆東京、神奈川、千葉、静岡その他旅先で地域に愛されるパン屋を相当数訪問してきた。またパリ、ニース、モナコ、イタリア、エジプト、ドイツ、アメリカ、タイでも行く先々でパン屋を巡り食べ歩いた。やはりフランスが美味しく華やかで完成されていた。これまで、日本においてパリに特化するブーランジェはあっても、南仏に特化したものには出会ったことが無い。実体験をもとにわかりやすく南仏を伝えることにより独自性・斬新さを創出し、それがトキメキやワクワク感につながる物と考える。そのアイデアを具現化する為のスキルと経営準備が整った今、開業するに至る。                                                                                                          

◆パン作りの技術や経営のノウハウをリライブフードアカデミーという専門機関で学び、場所や人によって違う、必要とされる商品・店づくりの方法がわかるようになった。また物件については持ち家を利用することができ、開業資金の目途もついた為、開業を決意した

 

◆私はこれまで高校卒業後調理師専門学校に通い卒業後も20年以上飲食業界に携わってきております、ベーカリーの経験はありませんがリライブフードアカデミーという専門機関で学び現在も平行して飲食店の店長として調理、接客、経営の経験を更に積んでおり自店の開業時に役立つスキルを日々見につけております。この度は自身の経験を活かし夢を現実にするべく開業を決意いたしました。      

 

◆私は40年間福祉の第三次サービス業に勤めてきましたが、退職をきっかけに余生の人生設計をパン作りに選びました。パン作りの技術をリライブフードアカデミーという専門機関で学び、そこの直営店のベーカリー店で約600時間以上の研修を行い、パン屋の開業に関するパン作りの技術や接客業のスキル等、また、経営に関するノウハウを身につけることができたと思っています。このたび開業の目途もつき、開業を決意いたしました。        

 

◆私はこれまで飲食サービス業に13年間従事し、接客、衛生などの技術を学びました。更に、パンの技術、知識をリライブフードアカデミーという専門機関で学び、その後、パン屋に就職し、実践的なスキルやノウハウを身に付けることができました。この度、開業資金の目途がつきましたので、西蔵王の土地に開業を決意いたしました。

 

◆私はこれまで、百貨店を得意先としたメーカーとして、夫の仕事を支えてきました。お客様のニーズやお客様目線でものを見る、考えることを学びました。また、リライブフードアカデミーという専門機関で、パン作りの技術や経営のノウハウを身につけることができました。就業中の健診センターでの経験を活かし、丁寧でホスピタリティあふれる接客には自信があります。このたび、開業資金の目途もつき、良い物件も見つかったので開業を決意しました。                                      

 

◆私はこれまで印刷業界に15年ほど携わり、広告或いはパッケージデザインを通して販促の為の様々な知識を身につけて来ました。本当に品質が良くても、その良さをアピールする術を持たないが為に売り上げが伸び悩んでいる商品が数多く存在します。その中で、私は無数の商品の中から、まず最初にお客様に手に取っていただく、或いはその存在を認識していたく動機付けとしてのデザインを提案してまいりました。多くの商品の中にあっても個性のある商品は注目されやすいという大きな強みを持ちます。これから開業する自店も、パンのおいしさにこだわるのはもちろん、個性のある商品にも力を入れ、お客様に来店いただけるキッカケを多く作っていければと考えております。また、リライブフードアカデミーにて現場さながらの中で製パンの基礎を学び、店舗開業、経営の為のノウハウも身に着けることが出来ました。それらの一通りの経験を通し、開業を決意いたしました。         

 

◆”私はこれまで、食の仕事に15年間従事し、衛生・接客などの技術、リライブフードアカデミーという専門機関でパンの技術・知識を学んだ後、パン屋に転職し実践的なスキルやノウハウを身に付けることが出来ました。この度、開業資金の目途がついたところで開業を決意しました。”                                                                                                                                                        

◆私はこれまで看護職として医療現場や高齢者施設・在宅の現場で約25年働き、母親の介護も行ってまいりました。ベーカリーの知識や技術、経営に関するノウハウはリライブフードアカデミーという専門機関で学び身につけることが出来ました。この度、開業資金の目途もつき、良い物件にも巡り合えたので開業を決意いたしました。

 

◆これまで、ものづくりの仕事に29年間従事しておりました。また、パン作りの技術や知識を、リライブフードアカデミーという専門機関で学び、製パンのスキルや経営のノウハウを身につけることができたと自負しております。このたび、開業資金の目処もつき、良い物件も見つけられたので、開業を決意しました。                                                                      

◆私は20年余り税務、会計に関する仕事に携わった経験があり、比較的数値には強い方だと思います。また、リライブフードアカデミーという専門機関で製パンの技術や知識を学び、パン屋の開業、経営に関するノウハウを身につけることができました。この度、開業資金の目途もつき、良い物件が見つかったので開業を決意いたしました。

 

◆私は、子育てを10年間行ってきました。なので、子育てを行っているお母さんが何を求めているか分かります。また、リライブフードアカデミーという専門機関で、調理の技術や知識を学びました。                

 

◆”私はこれまで、システムエンジニアとして20年以上 社会人として過ごしてきました。社会人としてのマナーはもちろん、社内外問わず、良好なコミュニケーションを取ることには自信がありますので、接客面については全く心配していません。前職では、特に、新規事業の立案・計画を得意分野としていました。今までと全く異なる業界ではありますが、基本的なビジネス面の考え方については変わらないと思いますし、飲食業の開業についてはリライブという専門機関で学習ことで習得できると考えております。また、調理(製パン)技術についても、実習を通して身に付けつつあり、今後、直営店舗で研修を行うことで、ベーカリーを開業できるレベルに到達できると考えています。”                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ