新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

ブックカフェの開業にあたって考えるべきこと

<ブックカフェの開業にあたって考えるべきこと>

 

大手本屋さんの店内の一角にカフェスペースが設けられているのを見かけることも多くなりました。オーナー独自の視点でセレクトした本を置いたブックカフェもあります。ブックカフェを開業するとき必要な知識を紹介します。

 

本屋の店内の一角に飲食スペースが設けられていることが多くなりました。またオーナーさんが自身でチョイスした本を置いたブックカフェも出来てきました。ブックカフェの開業を目指す場合に必要な知識をまとめました。

 

1.ブックカフェとは

最近、大きな本屋さんへ行くと、店内の一角におしゃれなカフェスペースあり、そこでゆったりと本を読んでいる方を見かけることもあるのではないでしょうか?コーヒーや紅茶を飲みながら、じっくりと本を読む。ブックカフェとは、そんな時間を過ごせる空間で、カフェと本屋が合体したお店のことをいいます。おいしい飲み物を飲みながら店内の本棚に並ぶ本を自由に手に取り試し読み。気にいった本は購入してわが家へお持ち帰りできるのが最大の魅力です。ところで、ブックカフェといっても様々な形態があり、いくつかのパターンに分かれます。新刊を販売している書店に併設している店舗、古本屋に併設している店舗、そして本の購入ができない、オーナーが選んだ本の閲覧だけができる店舗が主なパターンです。そもそも、本とコーヒーなどの飲料の相性は抜群です。読書好きの方なら、自宅でコーヒーを飲みながら読書をするというのは、日常の風景ではないでしょうか。自宅でなくても、飲食店などで読書をしている方もたくさん見かけます。出版不況と言われながらも、日々多くの本が書店に並び、自分の読みたいと思える本とはなかなか出合えない、そんな読者と本の懸け橋となってきているのが、ブックカフェなのかもしれません。町の書店が次々と廃業していく中にあって、自分が気に入った本を取り揃えて、人と本、人と人の出会いを作り出したくて開業している方が日本各地にいらっしゃると聞きます。

 

2.ブックカフェの開業前に得ておくべき許可

一口に、ブックカフェとはいっても業態は様々で、取得しておくべき許可も異なります。本の販売と同時に飲食物を提供する場合には保健所の許可が必要です。ドリンクと一緒に市販されているお菓子などを提供する場合には喫茶店営業許可がいります。更に、デザートや軽食を店内調理して提供する場合には飲食店営業許可を、カフェで作った手作りのお菓子やパンなどを持ち帰りで提供するときには菓子製造業の許可をそれぞれ取得する必要があります。カフェで調理を行う人は調理師資格など必要ありませんが、保健所主催の講習会を受講して、食品衛生責任者の認定を取得しないといけません。他に気を付けないといけない点としては、従業数によっては消防署への届けが必要があること、営業時間によっては深夜酒類提供飲食店営業の許可も取得の必要があります。ときには、新書だけではなく古本を取り扱うこともあるでしょう。このときには、警察署で古物商の許可を取得する手続きをする必要があります。どのようなブックカフェの業態で開業するのかによって、取得しておくべき許可も変わってきます。知らなかったでは済まされない問題も多くありますので、自身の店舗ではどの許可や資格が必要なのか、事前にしっかりと確認して問題なく店舗運営が出来るようにしておきましょう。

 

3.利益を出すために考えるべきこと

ブックカフェの場合、店舗内のテーブルや椅子の配置も比較的ゆったりと配置され、くつろげる空間になっていることが多く、尚且つお客様は一人で来られて長時間過ごされます。駅やバス停の近くに立地していて、時間待ちに短時間で利用されるお客様が見込めれば、多くの来店がある可能性はありますが、そうでなければあまり多くの来店数は望めません。店舗の利益率を考えた場合、一人のお客様に支払ってもらえる客単価をどう上げるか工夫が必要になってきます。ドリンクと一緒にスイーツや軽食もオーダーしたくなるようなセットメニューや、単価が高くても注文したくなるような飲み物の提供や、テイクアウトできるようにするなどの努力も欠かせません。また、読書好きの人たちが集まりますから、日頃は会話もせずに読書をしている方たちがオーナーさんとも交流できるような、自分がお勧めの本を紹介したり、1冊の本について語りあったりするイベントを定期的に開催することも重要になってきます。イベントでの収益が見込めるということもありますが、常連さんを増やしていくことで安定した収益を目指すことができるからです。本や雑貨の販売での収益も大切ですが、頻繁に足を運んでもらえる顧客の確保が一番大切なことです。

 

4.まとめ

さて、ブックカフェについて説明をしてきましたが、これらのことはカフェを開業する前に知っておくべきことでも、ほんの一握りです。カフェを開業するにあたっては、どのような店舗にするかというコンセプトを決めることや、ふさわしい立地、メニューなど、身につけないといけない知識は専門的で幅広いものです。当校では、開業に際して必要となる経営のノウハウについてのカリキュラムも組んでいます。独学ではなかなか全てを網羅することは難しいと思いますので、ぜひ一緒に学んでいただければと思います。

資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ