新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

カフェ開業前に知っておきたいリースについての知識

カフェ開業前に知っておきたいリースについての知識

 

カフェを開業する際には用意しなければならないものが非常に多いです。全てを購入する大きな負担を軽減するために、知っておくと非常に役に立つリースについての知識についてまとめたページです。

 

新しくカフェをオープンする際には、何もないところからありとあらゆるものを用意していかなければなりません。設備や内装から調理に必要な器具、食器などその種類は多岐に渡りますので全てを購入して用意するというのはとても大きな経済的な負担がかかります。そんな時に非常に便利なのがリースを利用することです。リースを利用することのメリットやデメリット、どのようなものを借りることが出来るのかについてまとめていきます。カフェの開業を控えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.リースで揃えられる備品・設備


そもそもリースというのは機械や器具、設備のような短期間ではなくある程度の長い期間使用するものを、契約を結んで借りるというものです。借りるということには変わりありませんのでレンタルと混同されることも多いのですが、レンタルは一時的な使用をするために借りるものでリースは長い期間の使用を目的として借りるもので全く違った用途のものです。ではカフェを営業するにあたって必要となるものの中で何をリースで揃えることが出来るのでしょうか?リースが長期間の使用を前提としたものであるということから考えると、リース出来るものは基本的には機械、器具、設備などです。具体的にカフェで使用するものにあてはめると調理に使用する器具や、厨房の設備、会計に使用するレジスターや注文を取るための機器、椅子やテーブルなどです。これらのものは営業をしていくためには必ず必要になるものですが、費用も高額になりますので全ての資金を用意するということは簡単なことではありません。上手くリースを活用することによって負担を軽減することが出来ます。また近年では設備や機械以外にも内装や食器、ユニフォームなど様々なものがリースの対象となってきています。あまり資金が用意出来ていない状態で開業をしなければいけない状況であればリースを導入出来るものは利用すればほとんど初期費用をかけることなくお店を開業することも出来ます。しかしこの場合にはその後月々の支払いが発生していくことになりますので、資金計画をしっかりと立てておく必要があることを忘れてはいけません。

 

2.備品・設備をリースするメリット


ではカフェの開業に必要となる備品や設備をリースすることのメリットはどんなところにあるのでしょうか?まずは初期費用を抑えることが出来るということにあります。中古品を購入するという場合はまた別ですが新品で全ての備品や設備を揃えるとなるとそのために必要となる資金は非常に高額なものになります。経営も軌道に乗っていない段階で大きな出費があるということは経済的な負担がかかります。リースを利用することによって新品を導入したとしても初期費用を安く抑えることが出来ますし、毎月の支払額が予め決まっていますので経費の管理がしやすくなります。そしてリース期間中に支払った料金は全て経費として計上することが出来ますので、節税にもなります。そして保証があるということも大きなメリットです。厨房の設備や会計機器などが故障してしまうと営業をすること自体が出来なくなってしまいます。修理をするにも多額の費用がかかったり、期間がかかってしまったりしますのでそんな時に保証があるというのはとても助かります。さらに導入や処分などはリース元に任せられるというのも嬉しいポイントです。

 

3.備品・設備をリースするデメリット


初期費用を抑えることが出来るなど非常に役に立つリースですが、利用することのデメリットについても知っておく必要があります。リースを利用することの一番のデメリットは途中で解約をすることが出来ないということです。契約をする際に借りる期間を設定して契約を結ぶことになりますが、中途解約をすることは禁止されていますので仮に不要となってしまった場合であっても途中で解約をすることは出来ません。違約金や、残っている支払い期間の金額を全て支払えば解約をすることが出来る場合もありますが大きな負担となりますのでおすすめ出来ません。また所有権が自分の元にないということもデメリットと言えるでしょう。自分のお店で使用しているとは言ってもあくまで借りているものであり、自分の所有物ではありません。お金は支払っているけれども資産にはならないということになります。さらに長期間使用し続けていると逆に購入するよりも高いコストがかかってしまう場合があるということもあります。使用期間やかかる費用などをきちんと考えて計画を立ててから利用を検討する必要があります。

 

4.まとめ


カフェを開業する際にはやらなければいけないことや用意しなければいけないものが非常に多いです。そのため初期費用を軽減したり、導入を任せたりすることが出来るリースを利用するということはスムーズにお店をオープンするためにはとても有効な手段です。保証があり税金を節約することが出来るというメリットもありますので長期間使用するものや故障した際に困るもの、大型の設備などは上手くリースを取り入れていくことをおすすめします。ただし途中で解約をすることは出来ませんので、安易に利用するのではなく計画をしっかりと立てて利用をするようにしましょう。

 

カフェ開業についてのノウハウまとめ記事はこちら

 

資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ