新宿駅徒歩3分のカフェ・ベーカリー・パティスリー開業のための社会人向けスクール
資料請求・お問い合わせは
0120-444-055
フリーダイヤル11:30~21:00
RE-LIVE…それは「再び」「生きる」ということ。
第2の人生をサポートします

一人でカフェを開業・経営するにあたって知っておくべきこと

一人でカフェを開業・経営するにあたって知っておくべきこと

 

自分のカフェを開きたいと夢を見ている人は非常に多いです。そんな夢を実現するために一人でカフェを開業、経営していくにあたって知っておかなければならないことについて見ていきます。

 

カフェが好きで、いつか自分のカフェを開業したいと思っている人は非常に多いです。自分の理想が詰まったカフェを作るというのは夢のあることですよね。しかし一人でカフェを開業し、経営していくことには決して簡単なことではありません。一人で上手く経営していくためにはどうすれば良いのでしょうか?メリットやデメリットと合わせて見ていきますので、カフェ開業を検討している方はぜひチェックしてみてください。

 

1.一人でカフェを開業・経営することのメリット


一人でカフェを開業し、経営していくことのメリットとしてはまず全て自分の思い通りに出来るということです。自分のカフェを開きたいと思っている人の多くはそれなりの理想を持っていることが多いです。その理想を実現するにあたって全て自分の考えや思いを反映させて自由に行うことが出来るというのは大きなメリットと言えるでしょう。共同で運営する、大手のカフェで働くといった場合には自分の考えだけで運営していくということは出来ません。明確な理想や夢があるという方には一人で行っていくということはとてもマッチしています。またスタッフを雇う必要がありませんので、それに伴う資金面での負担がなくなります。スタッフを雇っている場合には売上があったとしてもなかったとしても給料を支払う必要がありますし、社会保険に加入する場合にはその支払いも発生します。それに伴って経理や書類提出などの事務作業も発生してきますのでそういったものが全く必要なくなるというのは負担を軽減することに繋がります。またスタッフを雇うことによるストレスもなくなります。指導を行ったり、関係を築いたり、シフトの調整をしたりということは多少なりともストレスになりますのでそういったことをする必要がなくカフェの運営に集中することが出来るということはメリットとなります。

 

2.一人でカフェを開業・経営することのデメリット


一人でカフェを開業して経営も行い自分のやりたいように、全て自由に行うことが出来るということは非常に魅力的なことがかもしれません。しかしその反面デメリットとなることもあるということを忘れてはいけません。まずはカフェの営業に関する仕事を全て一人で担うということです。お店を営業させていくためには日々の食材調達から準備、接客や調理、精算や片付けなどあらゆる業務をこなす必要があります。お店が混雑してしまうと一人では全ての仕事を行うことは到底出来ません。それに加えて経営面での仕事も加わるとなると大きな負担となることは容易に想像が出来ます。それによって日々の業務に追われて経営面の仕事がおろそかになってしまうことや、来店してくれたお客さんを待たせてしまったり提供ミスなどでストレスを与えたりしてしまう危険性もあります。こういったことが続いてしまうとお客さんが来てくれなくなってしまい、結果的に売り上げの減少につながってしまいます。また初めから一人で行うことを前提としているので、提供出来るメニューや席数を制限しなければいけないというデメリットもあります。お客さんにとっては選択肢が少なくなってしまいますし、待たせてしまうことも出てきてしまいますので提供メニューの工夫や待ち時間をどう対処してくかをしっかりと考えていく必要があります。さらに問題が起きて悩んだ時に、身近に相談出来る人がいないということもあります。一緒に経営をする人や働いてくれるスタッフがいれば相談をすることが出来ますし、自分では見えなかった視点や思いもよらない考え方を提供してくれることもあります。しかし一人で全てに対して対処していかなければなりませんので、そういった点もデメリットと言えるでしょう。

 

3.一人で運営するための工夫


では一人でカフェを開業して経営していくためにはどのようにしていけば良いのでしょうか?重要になるのは一人でもお店を上手く営業していけるような工夫をすることです。お店自体の規模もあまり大きくはせず、席の数も自分一人できちんと目が行き届いて十分なサービスが提供出来る量に留めておきます。もちろん席数が多ければ売り上げが上がる可能性は高くなりますが、せっかくお客さんが沢山来てくれたとしてもきちんと接客出来なくなってしまうようでは元も子もありません。席のレイアウトにも工夫をしてあまり動き回らなくても良いようにすると良いです。可能であればカウンター席メインにしておくと、提供や後片付けもしやすいですしお客さんとのコミュニケーションもとりやすくなります。そしてメニューをある程度絞るということも大切です。メニューが多ければお客さんは喜んでくれるかもしれませんが、その分負担は大きくなります。用意しなければいけない食材が増えますし、オペレーションも多様化してしまいます。メニューをある程度絞っておけば様々な作業を減らすことが出来ますので、一人でも無理なく営業していくことが出来ます。またメニューを考える際には短い時間で手間なく作ることが出来るものを用意しておく、事前の仕込みをしっかりしておいて提供までの時間を短縮出来るようにしておくなどの工夫もおすすめです。

 

まとめ


カフェを開業して経営したいという人は、こんなお店にしたいといった夢や理想を持っているものです。一人で運営していくとなると全てを自分の思うように自由に行うことが出来ますので、その夢を実現しやすいというメリットがあります。しかしその分作業を全て自分でしなければいけないので、とても大きな負担がかかってしまうというデメリットもあります。しかしメニューやお店のレイアウトを工夫することによってそれらの負担を減らすことは可能です。営業をしていくにあたって発生する作業を上手く減らしながら自分の理想とするお店作りが出来るようにしましょう。

 

カフェ開業についてのノウハウまとめ記事はこちら

 

資料請求 説明会・体験申込説明会・体験授業申込 0120-444-055

TOPへ